色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2005年12月14日

いつか借金を返し終わったら、という間違い

いつか借金を返し終わったとき・・・・

そんなセリフをよく耳にします。
が、これは間違い。

何がって?

気になる?

気になる人は→節約バトルランキング
借金持ちは、借金ブログもいいけど↑節約ブログも読もうね












借金体質の改善。
これは、いつの事を指すと思いますか?

借金を返し終わったとき?
債務整理をしたとき?
借金をしなくなったとき?

いずれも人の考え方によっては
ある意味、正解かも知れません。

が、
私の考える借金体質の改善とは、

キャッシュフローがプラスになったときです。

これは単月では無意味です。
生涯にわたって、プラスになったときです。

キャッシュフローとは
わかりやすく言うと、家計の収支です。
キャッシュフローがプラスになるとは、
収入が支出を上回っている状態です。

ただ、これは
単に結果として収入が支出より多いことを指しているのではありません。

「収入の範囲でしか支出をしない」
ということです。
借金をしている人にとっては、
簡単なことの様で、案外難しいですよね。

「今月は・・・」
「来月からは・・・」

そうやってズルズルズルと・・・。

そのキャッシュフローのマイナスを
プラスにする!との堅い決意ができ、
それを行動に移せたとき、
借金体質は改善しているのです。

「いつか借金を返し終わったら・・・」
これが何故間違いか。

借金を返し終わったら、浪費をするのですか?
今の収支をキープしないのですか?

借金を返し終わっても、
あなたの生活は変わりません。
その後は、返済に回していおたお金を
貯蓄に回すだけの話でしょ?
生活は全く変わりません。

また逆に、
「借金完済まで、まだまだ先は遠い・・・」
それも勘違いです。
借金体質が改善できていれば、
もう大丈夫なのです。
もう、借金を重荷と考えて、
返済のことばかり考えている必要はないのです。

もう、開放されて下さい。
キャッシュフローをプラスにする生活が身についたなら、
もう借金問題は解決済みです。
何の問題もありません。
だって、キャッシュフローがプラスの分、
確実に返済は進んでいくのですから。
その先には貯蓄が待っているだけですから。
勝手にゼロ地点を境目と思っているだけの話で、
その境目とは、
現実的には境目を感じる事なく通過して行くものなのですから。



目の前の借金を法的に排除して安心しているアナタ!
目の前の借金を身内に排除してもらって喜んでいるアナタ!
目の前の借金を本人に代わって排除してあげて安心させているアナタ!
それは違います。

目の前の借金に、不必要なプレッシャーを感じて気に病んでいるアナタ!
それも違います。


借金体質とは、
現在の貯蓄残高のプラスマイナスではなく、
収支のプラスマイナスです。
そして、それは
プラスにしようと本気で思えば、
今すぐにでもプラスにする事が可能です。
そこには言い訳はいりません。


借金体質改善中の人たちを
応援してきてね^^→
人気ブログランキング


posted by 鬼 at 11:28 | Comment(10) | 借金について
この記事へのコメント
またもや鋭利なナイフが〜!(営利なじゃありませんよw)
この「借金体質」にいつも悩まされる、そして返済終わったら治ると信じていた私としてはすごく考え込まされる内容です。
自分自信の考えとして、借金体質とダイエットは一生続く問題のような気がします。
Posted by 鯖子 at 2005年12月14日 12:25
鯖子さん
今日の記事は、
借金体質の改善されている人には癒し、
借金体質の抜けていない人には警告、
両極端なメッセージになっております(笑)
Posted by at 2005年12月14日 13:51
自分の気持ちも大事ですよ。
借金は確かにキャッシュフローがプラスになれば、減っていきますけど、
自分をしっかり見つめていないと、同じことを繰り返しかねない。
借金する前は、みんな、キャッシュフローがプラスの人ばかりだったと思うんで。
ふとした弾みから借金をしだして、現在に至る人が殆どだと思うんで・・・。
これからも、気を緩めることなく、節約だ〜!ってか!?^^;
Posted by gigshark at 2005年12月14日 16:42
gigsharkさん
そうですね。
キャッシュフローがプラスになれば、
プラス分は余剰資金として投機にまわすことも可能です。
・・・って、ここではあまり言わない方がいいかな^^;
詳しくはエンドマーさんにでも聞いて(笑)

あ、それと(というかこっちが大事)、
借金をする前は本当に
キャッシュフローがプラスだったんでしょうか?
例えば、手持ちのお金がなくなったら
その時点でお小遣いを補充してもらえるような、
そんなお小遣い制になっている子供や旦那さん、
そういう人ってキャッシュフローなんて
キチンと把握できませんよね?
毎月の収支を計算せず、
足りない分は貯金を切り崩しながら生活している人。
その貯金も子供の頃からの小遣いだとすれば、
それはキャッシュフローは
初めからマイナスだった事になります。
特に子供を持つ親は、
ここには気を付けないといけません。
子供にお小遣いを与えるとき、
金額をキチンと決めていますか?
足りなくなった場合、
追加で与えていませんか?
そうしたお小遣いの与え方こそ、
お金の教育です。
お金の教育など、学校でするものではありません。
学校では計算方法を教えることは出来ても、
お小遣いの管理をする権限などありません。
正直、そういう意味では、
子供の借金は、私は親にも責任があると思っています。
子供を持つ親は意識して下さい。
次世代がサラ金漬けになるかどうかは、
私たち親に掛かっているんです。
Posted by at 2005年12月14日 18:18
キャッシュフローをプラスに変えるには節約が一番!!
ってことで鬼さんのランキングぽちっとを経由して
節約ランキングを最近よく見ています♪
サラ金日記で意識改革、で節約ブログを見ると完璧でしょ(笑)
節約ブログってためになるだけでなく楽しいですよ。
みんな楽しんでやっているみたい。

それにしても激戦区の節約カテゴリで2位はすごいですよ鬼さん!!!
Posted by 元販売員 at 2005年12月14日 23:21
今回の記事はズシリときました(´Д`lll)

考えてみると、
現在の自分のキャッシュフローはマイナスです。

今は株での儲け分を生活費に充てる事が
できてますが、
基本的に収入はゼロだと思ってます。
親や嫁に養ってもらってる状態です。

株で生活していこうと必死で勉強して
始めた訳ですが
本当に株だけで生活していけるの?
と不安も当然あります。

ですから
確実な収入を継続的に得るためにも
親父さんから頂いた今までの課題は
成し遂げねばならない
必須項目だと思ってます。


「キャッシュフローをプラスに」
気持ちを改めさせられました。
ありがとうございます。
Posted by エンドマー at 2005年12月15日 06:56
子供の金銭感覚に対する親の責任の話は、
そのとーり! って思います。
お小遣いが、無くなった時に限って、友達からの誘いがあるんですよ。
そんな時、親としては「可愛そう」と思ってしまう・・・
でも、そこでお金を渡してしまっては
なんのための「お小遣い」か分からなくなってしまいます。
今、ここで我慢させるのが
子供の未来を明るくすると思い、親の私も、我慢です。
この我慢、親としてはけっこうつらいです。。。でも、我慢・・・

あと、これは主人が言い出したのですが、
子供達に「小遣い帳」を付けさせて、
月初めに、子供達が小遣い帳を持ってきて
キチンと書かれていて、始めて小遣いが貰えます。
書かれていなければ、その月の小遣いは無しです。
「いくら何でも、無しは可愛そうだから
半分あげようよ」と、提案したら
「自分の小遣いを、キチンと管理出来ない奴に、小遣いを使う権利はない。」
はい、確かにその通り。

おかげで、我が家の子供達の金銭感覚は
しっかりしてきました。
Posted by 凜子 at 2005年12月15日 08:11
元販売員さん
ちょびっとその節約に関して、
今日の記事を書いてみました^^
読んでみてね☆
Posted by at 2005年12月15日 11:11
エンドマーよ!
そりゃ、いただけねぇな!
おめぇさんのやってる株取引はあくまで投機だ!
投資と言えるのは、利ざやで儲けるんじゃなく、
配当で儲けるもんだ!
あの「金持ち父さん」だって、
投資資金を貯めるまでは必死で労働したんだぜ!
ここで言うキャッシュフローってのは、
投機的な収益は含まねぇ。
キャッシュフローに含めていいのは、
株取引に関しては配当だけだ!
利ざやをキャッシュフローに含めちゃ、
毎月のフローがガタガタになるだろうよ!?
キャッシュフローをプラスにするってのは、
「定収入」が「支出」を上回るってこったぃ!
おめぇさんの収益は「定収入」かぃ!?
「金持ち父さん的生活」ってなぁ、
そんな簡単に安直に出来るもんじゃねぇ!
努力の下積みがなきゃ、いずれ破綻よ!
利益の出てる今だからそこ出来る選択かも知れねぇぞ!
よ〜く考えるこった!
Posted by リストラ親父 at 2005年12月15日 11:23
凛子さん
そうですね。
その親の我慢ができないから、
借金をした時にもまた肩代わりをする。
親がそれをするなら、
子供が死ぬまで親は死ねないよね^^;
超高齢化社会になってしまう(笑)
Posted by 鬼 at 2005年12月15日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。