色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年01月17日

ライブドア強制捜査

とうとう、こうなってしまいましたか^^;

以前から、ホリエモンは借金体質である、
と私は言ってきた。

これでわかったかな?

なんでか?
じゃ、↓覗いてみる?

人気Blogランキング
ここにもライブドアがたくさん^^;











金持ちを見ると
羨ましい、憧れる、お嫁にもらってぇ・・・。

果たして本当に金持ちは幸せなのか。


金持ちにも色々いる。

金を稼ぐことが目的ではなく、
稼いだ先にビジョンを持つ人、
これは幸せだと思う。

しかし、ビジョンを持たずに
金儲け自体が目的になってしまった人・・・
これは不幸だ。

かなり以前に書いた記事




読んだ?
ついでに『ぽちっと』してきた?(笑)

ホリエモンの心の中までは知らないが、
私にはホリエモンには将来の社会貢献のビジョンは見えない。

稼ぐ中に、もしくは稼いだその先に、
社会貢献のビジョンを持っている人は、
ビジネスがブレない。

ブレてしまっては意味がないからだ。
社会貢献が人生の最終目的である人にとって、
犯罪行為や不正をしてまで金を稼ぐ意味はない。

しかし、金儲けが最終目的になってしまった人は、
必ず犯罪行為や不正に手を出す。
これは経営者だけでなく、サラリーマンでも同じことだ。
人生のビジョンがなく、給料のためだけに仕事をしている人は、
上司から不正を要求されれば、それに応じる。
主張し得ないみなし弁済を、
すっとぼけて主張して、
本来『任意』でしか請求できない超過利息の請求のため、
会社にまでガンガン電話をする。

それが人生のビジョンのない人間の行動である。


それでも、金持ちになれれば、
欲しいものが買えるし、
食べたいものが食べられる。

そう思うかい?

じゃあ、ホリエモンの後を追え!(笑)

ホリエモンはまだ若い。
この先、ビジョンを持つことも可能だろう。
今回の事件で仮に「黒」となったにせよ、
改心してビジョンを持てば、いくらでもやり直しは出来る。
しかし、今後も
「お金に対するトラウマ」だけが原動力であれば、
この危機は回避できないだろう。

失った信用を回復するのは並大抵のことではない。

「お金に対するトラウマ」は
確かに金を稼ぐ大きな原動力になりうる。

初期の段階では、人生のビジョンに匹敵するだけの力を持つ。

しかし、成熟期を迎えたとき、
この違いは明確になる。



「お金に対するトラウマ」は、「やましさ」に繋がる。

「やましさ」を抱えて稼いだ金は
最終的に、身にならない。

本当に幸せを掴み取り、
人生の真の成功者になりたければ、
やましくない夢」を持たなければならない。


今回の事件で、
読者のみなさんには、
その事を実感して頂きたい。




この方法で得た成功は、敗者を作らない。




敗者のない成功社会を求めるなら、
ご協力を→人気Blogランキング


posted by 鬼 at 10:13 | Comment(18) | 人の生き方について
この記事へのコメント
いつもお邪魔してすみません。
大昔は、農家の人がマグロを食べたいと思ったら、自分で釣上げるか漁師に頼んで釣ってもらうしか無い。(ちょっと極端ですが)
到底自分では釣れないのでプロにお願いします。マグロのお礼にと農民が漁師に差し出した作物が、「お金」の原点なんだと思います。
命懸けでマグロを釣ってきた漁師に腐った大根を渡すような真似は許されないのです。
Posted by 和尚 at 2006年01月17日 17:43
ホリエモンは同年代なので
いつも関心を持っています。

ライブドアは数ある新規企業の
牽引役となっていただけに
今回の騒動はとても残念に思っています。

ズレがないホリエモンとして
立ち直ってくれる方に期待したいと思います。
Posted by エンドマー at 2006年01月17日 17:53
こんにちは。 m(__)m
たしかにホリエモンはビジネス観は煮詰まっていないようには見えますね。(本人は「走りながら考える」タイプなんでしょう。そのような趣旨の発言をしてた気します)その意味では、現時点では、周辺社会には直接的に目新しい大きな対価をもたらすほどの会社ではないかもしれません。狭義の意味で、有能な社長ではないとの見方もできるでしょう。

しかし、本人は世界飢餓をなくすような食料調達システムの開発も考えてるとTVで言っています。このような発言は、経済的に成熟した日本社会、あるいは、生き馬の目を射抜く経済人には稚拙でナイーブな発言に聞こえるかもしれません。

けれども、「世界飢餓をなくす」というのも崇高な社会貢献ではないかと考えるのは日本にあって私ひとりだけでしょうか。意味をとらえるのにも苦労するような空虚な建前を掲げ、暴利をむさぼる旧態然とした日本を代表する同属企業よりもよほどビジョンだけは崇高に思えます。たしかにビジネスの方針としては二番煎じ、脆弱に見えますが。たとえ楽天のモノマネでも、ホリエモンには得た個人資産の一部でも遠方の貧しい国々に流してほしいものです。ビジネスとしては報われませんでしょうが。イメージアップにはなるでしょう。

なぜ、日本ではこれほどまでにホリエモンを拝金主義に仕立てあげ毛嫌いするのでしょうか。異国育ちの私には理解しきれません。(ちなみに欧米かぶれではありません)彼はそこまでカネ、カネがモチベーションではない気がしますが。(平和主義者にさえ見えます)資本主義である以上、資本家が土俵際ギリギリの取組をするのは当然で、今回はたまたま彼もしくは部下が足を踏み外したまでのことでしょう。恣意ならタイホでしょうが。ナム

いずれにしても、これしきのことで鼻息荒くするメディアは実に滑稽でナイーブに見えますね。(息巻く古館の顔が浮かびます)視聴率がアップしてスポンサーからの報酬がガポガポでしょう。そんな彼らも自分たちが資本家の膝元で働いているのを忘れているのでしょうか。資本主義のホンシツを忘れてはいけません。ちなみにわたしは共産主義回帰論者です。与太話でした。失礼しました。<(_ _)>
Posted by tanpopo at 2006年01月17日 19:03
和尚さん
そうですね。
で、その腐った大根に対して
怒らない漁師も多すぎる。
卑怯なことをされた時は怒るのが自然。
それを「大人気ない」と
簡単に許してしまうのがまた良くない。
泣き寝入りする人が増えると、
卑怯な人はクセになります。
卑怯なことをすれば袋叩きにされる。
頭でわからないヤツには
体で覚えさせることも必要なんだと思います。
Posted by 鬼 at 2006年01月17日 19:31
エンドマーさん
どうでしょうね^^
本人次第としか言えませんね^^;
Posted by 鬼 at 2006年01月17日 19:32
tanpopoさん
まぁ、ホリエモンを支持するかどうか、
そんなことは私には興味はありません^^;

ただ、私は以前ライブドアのブログサービスを使っていて、
コメント管理の選択肢が少ないことから、
(この会社は顧客を向いていないな)
という事は感じました。
だから私はライブドアを見限りました。

それと、この記事で私が言いたい事は、
別にホリエモンが悪人だとか、
そういう話ではなく、

心にやましさを抱えていては、絶対に成功しない

という事です。
初めは調子が良くても、
最後まで逃げ切ることは出来ません。
敗者を作る勝ち方では、
最後まで勝者ではいられない、という事です。
Posted by 鬼 at 2006年01月17日 19:56
こんばんは。
確かに真の成功者は不正な稼ぎ方をしなくても、富も名誉も持っているように思えます。
『社会貢献』真の成功者はお金や名誉よりもこれを目的にしてますね。
ふむふむ、今後の進展が気になります。
想定範囲外らしいですから(笑)
Posted by 香苗 at 2006年01月17日 23:29
こんばんわ、こんな真夜中にネットをウロウロ徘徊しています・・・

私はライブドアのブログを使っていますが、
それはホリエモンが好きだったからです!
私は頭の良い男性が好きなので・・・

というのは冗談ですが、
ホリエモンは私より一つ年上ナだけですが
自分とは別世界の人って感じです。
頭が良い男性は好きだけど、
「お金」だけが目的で全てを行う人はあまり好きじゃないしね。

今回の事は、発覚した事に、他の大きな力を感じますが、
「やましい夢」を追いかけた故の結果かな
なんて生意気な事を考えていました。
彼がこれからどうなるのか見ていたいです。

私は今、欲と戦っていて、何かモヤモヤとしてて。
(物欲、名誉欲、などなど・・・
下らない見栄などです。恥ずかしいけど。)
その最中にこのブログを読んで
スッゴクすっきりしちゃいました!
 
まとまりのないコメントですみません。

でも、今、とても良い気持ちです!
ポチポチさせていただきます!
Posted by のりっぺ at 2006年01月18日 00:21
香苗さん
ホリエモンは頭が良いから、
ある程度こうなる事もわかっていたんじゃないでしょうか。
法律の不備を突いたギリギリの戦略を取っていることは、
自分でも認めています。
でも、そういうギリギリの手法を始めてしまうと、
最後まで走り続けないといけなくなります。
でも走り続けるにはIT産業にも陰りが見え、
やがてマネーゲームに走り、
でもマネーゲームには必ず限界があります。
ホリエモンの取ったギリギリの手法には
撤退や休息という選択肢がない。
だから本心では、どこかで止めたかったのではないでしょうか。
ホリエモンの頭なら、
発覚を防ぐことも出来たのではないかと思います。
でも無意識のうちに、
誰かに止めて欲しかったのではないかと思います。

残念ながら、根本的な部分を変えない限り、
今までのような成長はないと思いますね。

ブログのコメント荒らしへの対応を
今後どうするか、がライブドアの今後を左右する、
とでも予測しておきましょうか(笑)
Posted by 鬼 at 2006年01月18日 11:06
のりっぺさん
私も個人的にはホリエモンは嫌いではありません。
むしろプロ野球買収の頃は好きですらありましたけど、
注目して見ていると、
やはり「トラウマが原動力」のタイプですね。
トラウマを昇華しない限り、
復活はないと思います。
むしろ、今のホリエモンは
『ほっ』としているんじゃないかという気がします。
Posted by 鬼 at 2006年01月18日 11:06
鬼さんどうも、チェンでございます。どうやらホリエモンかなりヤバそうですね。あの特捜の入れ込みようは風説の流布や粉飾決算のその先を見据えてのもののようにみえてきました(インサイダー取引、はたまた脱税?)。ともかく今回の騒動で感じたことは、彼は相当焦っていたのだな、といこと。彼は二年前の著書で、社長業を退いたあとは個人資産を投じて宇宙開発に乗り出したい、と記している。もうやっちゃてますよね、彼。おそらく彼は湧き上がった想像はすぐに実現させないと気が済まないようで、これこそが鬼さんの指摘する借金体質を如実に表しています。ただし私は彼を支持します。何故なら本来的に彼は虚飾を嫌う人間だから。人間の欲望には二通りあると思います。ひとつは向上心、もうひとつは虚栄心です。彼は急ぐあまりに会社を虚栄してしまったが、やはり自分を偽ることができない人間です。必ず再起すると思います。
Posted by チェン at 2006年01月19日 01:56
チェンさん
ホリエモンも姉歯同様、
ある意味では体当たりで社会を変えたと言えるでしょう。
これでマネーゲームに関する法整備もされるでしょうしね。
あとはホリエモンの今後、
楽しみに眺めていましょう^^
Posted by 鬼 at 2006年01月19日 10:17
ご無沙汰しております。
本日、ようやくネット開通しました。

ホリエモンのニュースには少しばかり注目していますが、私は彼の残した言葉「お金で買えないものはない。女の気持ちもお金で手に入れられる」と豪語していたのが印象に残ります。そのときは、女を馬鹿にするなと思いましたが、逆に彼の周りにはお金だけに群がる女性ばかりだったのかな?と少し彼が可哀想に思いました。

法スレスレでマネーゲームを展開していたようですが、結局自らの錆を露見してしまう結果となり、今まで持てはやしていた人達が三行半をつけ、彼の元を去ろうとしています。「金の切れ目が縁の切れ目」・・・その言葉の重みを今回の事で感じて、反省し再起してくれることを願ってやみません。というか、彼がそこまでして得たかったものは何だったのでしょうね?

私が6年間住んでいた中国(上海)でも、最近ホリエモンのような考え方をする人が急激に増加しています。昨年末に日本に帰国しましたが、このままでは中国の将来も明るくないかも。。。
Posted by スズカ at 2006年01月19日 17:46
ズズカさん

彼が得たかったもの・・・

それは、自分の心のトラウマを癒してくれるもの。
それが「お金」だと信じていた・・・

しかし途中で、違うのではないか、と気付いたが、
その時にはもう後戻りできない状態だった・・・

もう、そのマネーゲームは自分だけのものではない。
多くの人を巻き込んでしまった彼に逃げ場はない。
そして走り続ける事を強要された・・・

彼が「自分を癒してくれる」と信じていたお金そのものに。

彼は今、
「ようやく走り続けることから開放された。」
そう思っていれば、まだ可能性はある。

もし、そう思っていなければ、
彼に将来は、ない。
Posted by 鬼 at 2006年01月19日 21:08
はじめまして。
ずっと、拝読させていただいておりました。
この記事を読んで、とても考えさせられましたので、
記事にさせていただきました。
http://blog.goo.ne.jp/keko7/e/8e927e4d5a389fc2c14a7fbd691fd737
この記事にも、リンクさせていただきましたので、
ご報告させていただきます。

ブログでは、書かなかったのですが、
仕事で、ライブドアからセールスを受けることがありまして、
あまりにも「行け行けどんどん」なやり方に、閉口しておりました。
なので、ホリエモンさんは、先見の目があるけれどやり方がなぁ・・・・・
なんて気持ちでした。

鬼さんの記事に、なるほどなぁと思いながら、自分に当てはめてみました。
なんだか、気持ちの切り替えが出来ました。
ありがとうございました。
Posted by ねこ at 2006年01月20日 01:44
ねこさん
コメント・リンク、ありがとうございます^^
ただ、ねこさんに関しては、
お金を稼ぐ、ということに対して、
そこまで抵抗を感じる必要はないと思いますよ。
Posted by 鬼 at 2006年01月20日 09:58
初めましてこんばんは。いつも記事読ませて戴いて感銘を受けております。すっとぼけの私なんかは最初で最後の投稿かもしれませんが。『敗者を作る勝ち方では、最後まで勝者ではいられない、という事です。』とても心地良いお言葉ですね。鬼さんは、将来の日本を背負っていこうという気はないんですかね。あれば応援したいんすけどね。絶妙のバランス感覚に敬服します。
Posted by GoGoZ at 2006年01月21日 01:02
GoGoZさん

> 将来の日本を背負っていこうという気はないんですかね。

ありません(笑)
「鬼」というのは、
自分の本当の姿に意図的に客観性を持たせた
架空の虚像です。
実在の姿は、かなり器が小さい短気者です(^O^)
Posted by 鬼 at 2006年01月21日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。