色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年01月26日

脱・「やましさ」

昨日の「ビジネス観」に補足して、
少し具体的に触れよう。

興味のない人はこちらから
ご退出を^^→人気Blogランキング








多くのビジネスにおいて、
事業者は商品(又はサービス)のみを販売する。

しかし消費者は実は違う。

消費者は、その商品自体を買うのではなく、
その商品を手に入れることによって、
「レベルアップした自分」を夢見る。
つまり、商品を買っているのではなく、
夢を買っているのだ。

事業者は、単に商品を販売するのではなく、
それを手に入れることによって得られる夢を
商品と一緒に売る必要がある。

そう考えると、
商品としては完璧なものであっても、
お客様によってはオススメできない場合もあるだろうし、
商品としてはイマイチでも、
そのお客様にとっては完璧だ、という場合もあるだろう。

そのためには、
まずは扱う商品のことをよく知らないといけないし、
知るだけではなく、そこから生まれる夢についても
いろんなケースを想像して考察しなければならない。

また、
お客様ごとの夢は異なるわけだから、
お客様のこともよく知らなければならない。

さらには、
その商品をどう使えばよいか、
その商品のどこを改善すればよいか、
どこをどう改善すればもっと需要が増えるか、
そういった研究も欠かせない。

そういった数々の努力をたゆまず、
商品に対しても、お客様に対しても
真摯に向き合い、
結果としてお客様に夢を乗せて販売するとき、
お客様はそのビジネスマンに対して、
「ありがとう」と言う。

その時、ビジネスマンは、
自分の努力に対してお礼を言われているのだから、
素直に堂々と
「どういたしまして」
と言えばいい。

これが私の考える「ビジネス」だ♪

どうだぃ?

やましいかぃ?(笑)

やましくないね^^
って方は→人気Blogランキング

posted by 鬼 at 11:14 | Comment(11) | お金について
この記事へのコメント
こんにちは^^

自分では、良かれと思ったことも相手が納得して
くれなければ自己満足で終わってしまいます。
でも、お客の言う事を100%聞くだけだと
自分の仕事に対する意欲がなくなってしまう。


「やましさ」を感じながら仕事をしてしまうと
必ずと言っていいほどクレームがきます。

>消費者は、その商品自体を買うのではなく、
>その商品を手に入れることによって、
「レベルアップした自分」を夢見る。
>つまり、商品を買っているのではなく、
>夢を買っているのだ。

すっごく良く分かります^^
Posted by 凜子 at 2006年01月26日 13:46
凛子さん

> 自分では、良かれと思ったことも
> 相手が納得してくれなければ
> 自己満足で終わってしまいます。
> でも、お客の言う事を100%聞くだけだと
> 自分の仕事に対する意欲がなくなってしまう。

そうですね。
完全な解決方法が一つだけあります。
利害が噛み合わないお客は切り捨てることです。

価値観の違いについては、
努力して埋められる場合と、
努力しても埋められない場合があります。

提供する商品について、

こちらが考える理想と
違う理想をお客様が感じている場合、
それはお客様の価値観に合わせるべきです。

でも、お客様が描いている理想が「間違い」である場合、
多くのビジネスマンは
その商品を販売するために話を合わせます。
悪徳商法に関しては、
事業者自ら「間違い」を誘導します。
ここに「やましさ」が生じます。

こちらが説明しても「誤解」が解けない場合、
それは縁がなかったと思って、
諦めるのが正解だと思います。
つまりお客様を切り捨てるのです。

多くのビジネスでは、
この勇気がないがために、
わずかの利益のために「やましさ」を抱える事になります。

そして、わずかの価値観を共有できない顧客に合わせたがために、
価値観を共有できる顧客を裏切ることになるのです。

多くのセールスマンは、
いかに多くの売上を上げるかを追及するあまりに、
いかに「全ての相手に売るか」を追及します。

でも、実際にはそんな不毛な努力をしなくても、
価値あるものを欲しがる顧客はいくらでもいます。

セールスで大切なのは、
いかに成約率をあげるかではなく、
いかに「欲しい人」をたくさん「見つける」かだと思います。

価値観の合わない顧客に固執するよりも、
価値観の合う人との出会いを求めて、
「いかに価値観の合わない人を早く見極め、
いかに値観の合わない人を早く切り捨て、
いかに価値観の合う人へ裂く時間を確保するか」
が大切なのではないかと思います。
真にセールスに必要な能力は、
「価値観の違いを見極める目」と
「価値観の合わない人を切り捨てる勇気」
じゃないかな、と思いますね^^
決して「押し」や「口」ではないはずです。
「押し」や「口」で登りつめたセールスマンには、
ヒューザーの小嶋社長のような結末が待っていることでしょう^^
Posted by 鬼 at 2006年01月26日 14:32
>その商品を手に入れることによって、
「レベルアップした自分」を夢見る。
その通りですね。納得できました。
今日の文章を読んで、私はやましく働いたことはないと思えました。

もっと堂々と「どういたしまして」と言えるものを探します。で、人に喜んでもらい、いっぱい税金払います。


Posted by 奥様 at 2006年01月26日 16:15
価値観が合う、合わない。
そうですね。
私とは合わなくても、他のスタッフとは合うと言う場合がありますので。

ただ、困るのは自分の意志が無い人です。
意志が無いと言うか、人の意見に惑わされやすい人。
自分が気に入って帰って行っても、誰かに何か言われたら「そーよねー・・」とクレームを言ってくる方は、苦手です^^;

自分の意見がしっかりしていて、私の話も聞いて
「じゃー、こうして」とハッキリいう方は私も
仕事のしがいがありますね。
こういう方に気に入って貰えると嬉しいです^^
気に入って貰うためには、努力が必要ですが・・・

「価値観の合わない人を切り捨てる勇気」は、
どれだけ、自分に自信があるかだと思います。

勇気を持つには、自分に自信が持てるように努力することですかね。
Posted by 凜子 at 2006年01月26日 16:16
奥様さん
そうですね^^
そういうビジネスの捉え方だと、
ビジネスそのものが社会貢献になるでしょ?
相乗効果で、社会も良くなります♪
Posted by 鬼 at 2006年01月26日 16:31
凛子さん

> 勇気を持つには、
> 自分に自信が持てるように努力することですかね。

そういう事ですね^^
で、自分に自信を持つためには、
勇気ある切捨てができるビジネスをすること。

どっちから始めたらいいの?
ってなるでしょ?(笑)

このプラスの相乗効果状態に入るには
何かキッカケが要りますよね?

それが人生のビジョンです。
「やましくない夢」です。
Posted by 鬼 at 2006年01月26日 16:34
>それが人生のビジョンです。
>「やましくない夢」です。

納得です^^


Posted by 凜子 at 2006年01月26日 17:02
今日も素敵なブログネタをありがとうございます。
私も、もっとどういたいましてといえるような仕事が早くしたいです。(今は産休ののんびりひと時を過ごしていますが。)

私は、男の人と一緒の給料で、男の人と同じ仕事をしています。少しハードだと思います。きつい汚いの上に管理も入ります。そこそこ大きい企業は出世等でバトルが激しいです。
お客さまはもちろん仕事を一緒にする上司・先輩・同僚にもどういたしましてと言える様に仕事をするように心がけています。何でもみんなが使える資料はバンバン提供してしまうんですよね。喜んでもらうとうれしいですもん。
しかし、わかってもらえる人ともらえない人がいるのでときどき悲しくなることが仕事をしていたらあります。人の手柄で自分の評価をよくする人もいます。でも、そんなことは関係ないといつも言い聞かせて涙をグッと堪えていることもありました。きっと私は気が強いんでしょうね(笑)
仕事に対する元気が沸きました。
Posted by 香苗 at 2006年01月26日 17:31
香苗さん
わかってもらえない人は
相手にしないことです。
もちろん、
わかってもらえる努力は必要ですが、
一通りの努力をしてもダメなら、
諦めましょう^^
そういう人は「わかる気」がありません。
わかる気のある人か、そうでない人か
それを見極める目も大事だと思います。
その見る目がないと
無駄なエネルギーを浪費して、
大事な事につぎ込むエネルギーを吸い取られてしまいます。
見る目を養うることは、
モチベーション維持能力アップに繋がるかと思います。
Posted by 鬼 at 2006年01月26日 17:52
あははっ。
そうですね。キルことも大事ですね。
わたし、しぶといみたいで…。しつこいのか(笑)
自分が馬鹿馬鹿しくなるのに、我慢することでモチベーション下ったりストレスためることが得意みたいです。こんな特技とっとと捨てちゃいましょうかねぇ。
Posted by 香苗 at 2006年01月26日 17:58
香苗さん
私もそういう所があるので、
気持ちはすごくわかります^^
ライブドアブログ時代に、
不毛なコメントに
無意味な反応をしていたのでご存知でしょうけど(笑)
結局コメント承認制度のあるシーサーに移って
荒らしコメントを排除したのも、その為です。
くだらない議論に費やすエネルギーを
もっと他へ回すほうが
断然有意義だと感じたからです。
価値観の合わない人とのやり取りは、
結局、最後のほうは意地の張り合いですからね^^;
得るものはあまりありませんでしたよ^^

性格を変えるのは簡単ではありませんが、
自分の性格を把握した上で、
最善の選択をすることは案外簡単です。
Posted by 鬼 at 2006年01月26日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。