色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年02月08日

紀子さまご懐妊

さぁ、第3子は男か?女か?


はい、今日も借金の話題はありません(笑)
借金ネタはこちらで→人気Blogランキング









皇室典範改正をめぐって大どんでん返しの予感。

でもサ、
皇室典範の改正って、
たまたま男の子が生まれたかどうかで
一々左右される問題なのかな?

女性が天皇になれないのはおかしい、という話なら
別に紀子さまに男の子が生まれたって、
改正の軸はずれないはずだし。

でも考えたら、
男女平等の考え方でそういう話が持ち上がったのなら、
そもそも何で長男を優先するのはそのままなんだろう?^^;
今どきの流れで考えるのなら、長男も次男も平等じゃないの?

人権的な考えで言うなら、
元々天皇って人権認められてないはずだし、
職業選択の自由がハナからないんだしね^^;

天皇家って「伝統」だけが目的みたいなもんだし、
普通「家系図」っていうと「男系」なわけだから、
女系天皇なんて認めたら、
そもそもの伝統は全部ひっくり返るわけだ。
ヘタすりゃ、天皇制の存続問題に発展するんじゃないのかな?


どうもこの天皇家のことは詳しくないのでよくわからん^^;
誰か詳しい人、教えて^^;

よかったらついでに
『ぽちっと』^^→人気Blogランキング

posted by 鬼 at 10:51 | Comment(12) | 人の生き方について
この記事へのコメント
私も良く分からないけれど、
皇室典範改正って、結局は今の皇太子が
天皇になったときに、皇位継承権のある人が
いなくなるから始まったことですよね。
法の改正よりも、側室を儲けるとかしたほうが
確実に皇位継承が出来ると思うんですけどね。
あとは、今の時代の流れで行くと、人工授精とか。
代理母に生んでもらって、皇位継承したほうが
いいような気がするんですけどね。
鬼さんが言われるように伝統だけで守ってきた
皇位継承だと思うし、伝統ということを
重んじるならば、天皇の男の子でしょうね。
果たして過去に側室の子が
皇位継承をしなかったのか。
再婚をしなかったのか。
この再婚も、へたすりゃ戦国時代なんて
策略で正室を殺害して再婚なんてのも、
あったような気がするのは、私だけでしょうか。
憶測でしかないのだけれども、
これだけ続いた皇位継承もどこかで途切れるのは
必須だと思うんですよね。
それを、伝統を守るということで
あらゆる手を使ってきたのではないかなと
下種の勘繰りをしてみるわけで・・・。
今の時代もあらゆる手を使って
男子家系を守るのが良策と思うんですよね。
あ、結局は女系天皇反対になっちゃった。
Posted by gigshark at 2006年02月08日 11:25
おっしゃる通りです。
どなたかが「日本を良くしたいなら歴史を勉強しろ!」と何かのコラムで力説していたように思いますが、何故ここにきて、いきなり皇室典範改正なのか分からないのです。・・・例えば、皇室だけでなく、日本の文化の中でも「女人禁制」「男子禁制」の世界ってありますよね?・・・例えば、女性が相撲の世界に進出してちょんまげ&マワシの格好する(正直、想像したくない)、宝塚歌劇団に男性入団(女役をやったら面白いかも)、歌舞伎の世界に女性(ただの日本舞踊となりそう)・・・とすべての価値観がひっくり返ってしまうような気がします。

もっともっと国民の声を吸い上げ、長い時間をかけて議論する必要があると思うのですが、小泉総理は何をそんなに急いでいるのか・・・。社会の仕組みの中で男女平等について議論がなあなあになっているのに、いきなり「女性も天皇に!」じゃあまり説得力を感じません。そもそも、天皇は象徴。納税の義務もない特別な世界に生きている方達だと思っていたので、その世界の中での常識について、イチ庶民の価値観を押し付けてもなぁと思うのです。(・・・実は私も良く分かりません。)やはり過去の歴史の中での天皇制というものがどのように伝統を受け継いできたのか、その辺のところをもう少し勉強してから、ですね。
Posted by スズカ at 2006年02月08日 14:20
私も皇室についてよくわからない。
ただ、今の皇室典範改正の内容は、詳しく調べた事ないけど、昔からある「家」の跡取りの制度(?)に似てるような気がする。
古いしきたりを重んじて「本家」「分家」として家を守っている人や、古い考えの人は、男の子が生まれれば、ごく普通に、長男を跡取りと考えて、そのように育てていますよね。
だけど、男の子が生まれなかった場合、長女が婿養子をとって、「家」を絶やさないようにと考える。
特に、明治生まれ(もう少ないかも?)や大正生まれや昭和初期に生まれた人の中には、そういう考えの人多いですよね。
子供が親の言うとおりに跡取りとなるかどうかは別として、昔からの日本のしきたり(と言うかどうかわからないけど)のような感じで考え方は残ってる。
その考えを皇室にも取り入れようとしているだけのような気がする。
男の子が40年も生まれなかった事で、今までの継承が難しいと判断されたわけだけど、女系天皇が出来ても良いのでは?
だって、過去には、女性の天皇が居たはず。(孝謙天皇?記憶曖昧ですが)
ただ、女性天皇の後は、男系天皇が受け継がれて、ずっと男系の血を絶やさずにきてるけど。

gigsharkさんの言われる、昔の様に側室制度があって、正妻以外の人に子供を産ませて天皇家を守るというのは、日本は一夫多妻制じゃないから違和感を感じるし、医療の進歩による人工授精や代理母と言うのも、雅子さまがそれを望むのなら良いかもしれないけど、望まないものを押し付けるのは変だと思う。

愛子さまが今年幼稚園ご入園で、そろそろ帝王学をという考えが出てきたことと、雅子さまの負担を軽くしようという考えもあって皇室典範の改正へと動き出したんだと思ってた。

この改正の論議の中には、今後男の子が生まれる可能性もあることは念頭に置いて論議されているとニュースで言っていた。

改正案は、皇室を普通の「家」と同じと考えて、天皇家は「本家」で、秋篠宮家ほか宮家は「分家」。
秋篠宮家で男の子が生まれたとしても、天皇家は愛子さまの後、2子以降に男の子が生まれない限り、女系になってしまう。

「血筋」を守るのか「家」を守るのか・・・
よくわからなくなってきた。(汗)
私は、悪いけどどっちでもいいや。


>人権的な考えで言うなら、
>元々天皇って人権認められてないはずだし、

そうなんですか。
天皇は、日本の象徴であるけど、一人の人間なのに、人権って認められていないのですか。
なんか、それも違和感を感じた。

Posted by kana at 2006年02月09日 05:00
女系天皇と女性天皇の違いについて。

伝統から見ると、
過去に女性天皇がいたことはあったようです。
でも、それは女性天皇であって、女系天皇ではないんです。
今の皇室典範は女性天皇自体を認めていません。
これを改正するのに反対している人は
ほとんどいないようですね。
反対の多くは、女性天皇に反対なのではなく、
女系天皇に反対なんですね。

仮に愛子様が天皇になった場合、
愛子様は男系女性天皇(お父さんが天皇家)です。
女系天皇というのは、お母さんが天皇家という意味です。

つまり男系というのは、
お父さんをずっとたどった血筋ということですね。
私たち自身で考えればわかることですけど、
親は2人ですよね?でもお父さんは1人です。
おとうさんのおとうさんも1人です。
おとうさんのおとうさんのおとうさんも1人です。
でも、祖父母は4人、曽祖父母は8人、
先祖を10代さかのぼると、1024人になります。
20代さかのぼると100万人を超えます。
男系だけをさかのぼる場合、
どこまでさかのぼっても、1人です。

男女系ともさかのぼると、
30代で10億人を超えます。
天皇家は今125代目です。
男女系とも承継されていたとしたら、
もしかすると私が天皇になっていた可能性もありますよね?
だって、125代もさかのぼったら、
人類皆天皇家状態ですよね?^^;

伝統を重んじる場合、
どちらを取るべきなんでしょうね^^

また、皇室典範に「人権」を盛り込むなら、
天皇制度自体を見直さなくてはならなくなります。
Posted by 鬼 at 2006年02月09日 09:43
皇族、皇室のことを国民はたぶんよく知らない。
知らないものを日本の象徴として掲げている。
そのこと自体が不可思議なことなんだよね。
そもそも、天皇って何?なんだけど、この日本という国を
初めて統治した血族でしょ。違う?かな。
その血族を守るためにでしょ。
この血族を守るということがまた不思議。
男系で無ければならないということも伝統な訳で
紀元前から、血が男のほうが濃いとか、遺伝子を
守るのは男だとか、医学的に何の根拠も無いまま
伝統が守られてきたわけでしょ。
男の子が生まれれば何の問題も起きないわけで
もし仮に、天皇や皇族が人権を持たないのであれば
(仮に天皇は神様みたいなものとして)
側室や人工授精の可能性を完全に否定は出来ないかな?
ということでした。
人権を持っている天皇(皇族)だとすれば
どこかで血族が途絶えるのは止む無しですよね。
必ず最後の血族というのは存在するし、
その人に必ず子供が授かるとは限らないことなんで。
それが出来ないから、出来ない天皇だから
女系天皇もありなのか、ということだろうと思います。
私が不思議に思うのは、果たして天皇というだけで
必ず男の子が生まれたかということなんです。
推測で話すしかないんですけれど、
男の子を(血族を守るという手段)授かるために
何もしないで今まで継続してきたのが不思議。
本当に実子だけで守られてきたのならば
そこには、恐らく皇族の知られざる努力が
あったのではないのかな、と思うんです。
今はしていないということではないですよ。
それには、たぶんですが人権を無視した
こともあったのではないかという推測です。
推測の域を出ない話なんで、すみませんが。
ならば、側室も人工授精もアリかな、と
思ったしだいでございます。
Posted by gigshark at 2006年02月09日 10:39
> 私が不思議に思うのは、
> 果たして天皇というだけで
> 必ず男の子が生まれたかということなんです。

不思議ではないですよ。
必ずしも天皇の子が天皇とは限らないんですよ。
天皇に子供がいない場合は、
天皇の兄弟でもいいわけですし、
兄弟の子供でもいわけです。
それでもダメなら、先代天皇にさかのぼってもいいわけです。

どんどんさかのぼっていけば、
いくらでも皇位継承者はいるはずです。

ただ、男系の子孫は必ず、
第1代天皇のY染色体を持っています。
女性はY染色体を遺伝しませんから、
女系に承継すれば、
第1代天皇のY染色体が途絶えます。
これは125代絶やさなかった染色体です。
「天皇家の伝統」というのを、
「第1代天皇のY染色体の遺伝」
という意味で科学的に考えると、
女系天皇を認めると伝統は途絶えることになると思います。

伝統を途絶えさせてもいいというなら、
そもそも天皇の存在意義がなくなる気がします。
Posted by 鬼 at 2006年02月09日 11:18
鬼さん、おっしゃることは良く分かります。
ただ、今回の皇室典範改正案には、天皇の長子に
天皇継承権を優先的に与えるとあるんですよね。
これからも、天皇に男の子が授かるかどうかなんて
誰がわかるんでしょうかね。ということです。
皇統によって天皇制が守られていくよりも
より濃い血の皇族で受け継いでいくべきだとも
思っています。
と考えていくと、天皇の一番の重要性は
日本の国の象徴よりも血筋を守るということに
有るような気がします。
それには、側室も人工授精も、代理母も
なんでもありなんではないかということです。
そこに天皇自身の人権は存在しないと思います。
かなり、傍若無人振りを発揮してしまいましたが
私なりの考え方です。
Posted by gigshark at 2006年02月09日 17:10
確か昔、側室制度があったはずと、側室制度について、少し調べてみた。
桜町天皇(115代)から大正天皇(123代)まで9代続けて側室生まれの天皇らしいです。
そして、側室制度を廃止したのが、大正天皇の皇后(貞明皇后)で、「奥」を完全廃止したのが、昭和天皇の皇后(香淳皇后)だそうです。
過去の皇室は、血族同士で婚姻を繰り返していたから、血族と言う伝統が125代も守れたのだと思う。
鬼さんの言う、血筋=Y染色体の構図、思い浮かばなかったです。
それを見ると、誰か男の子を生まない限り、Y染色体は途絶えてしまう。
皇室典範改正には、そんな問題があったのですか。
深くそこまで考えたこと無かったです。

あと、天皇に人権が無いのは、仕方がないとして、その伝統を守るために、側室や正妻や代理母等なんでもありと言う考え方は、それらの人の人権も考えなくても良いという考えで、男尊女卑でちょっと引っかかってしまった。
Posted by kana at 2006年02月09日 20:56
おはようございます^^

むかーしから、人間(特に日本人)は、誰々の為に
が好きなんですよ。
第二次世界大戦中、国民のほとんどは「天皇陛下
万歳」と言って、死んで行きました。
お国=天皇陛下だったんですよね。
敗戦前は、宮家は沢山有ったんです。
それを、GHQが昭和天皇の弟のみを残して他は
すべて廃止したので宮家が少なくなった原因です。
本当は、アメリカは天皇制自体廃止したかったけど
そんなことをしたら、どうなってしまうか恐かった
のでしょうね・・・
あと、あまり血が濃いとDNAに異常を起こす
確率が高くなるため、平成天皇から血族以外の
血を入れるようになったので、愛子さんが天皇に
なったら、女系天皇になるでしょうね。
いままでの女の天皇は、父が天皇で結婚相手も
天皇の血族からでしたから女性天皇だったのです。

これからは、Y染色体を受け継ぐ変わりに、女性だけが受け次がれて行く「ミトコンドリアDNA」を
受け継がせて行くのも良いんじゃないかな・・・
(そうなると、次からは女の子が生まれないと困るけど・・・)

なんて、思いました。

結局、私はどっちでも良いんです^^;
Posted by 凜子 at 2006年02月10日 07:23
すいません、訂正を・・・
異常を起こすのは、染色体の方です。

あと、核DNAは両親から受け継がれるので
第1代天皇の神武天皇と、平成天皇のDNAを
比べたら、あんた誰?の世界ですよね。

Posted by 凜子 at 2006年02月10日 09:08
鬼さん、お久しぶりです
新しいブログを作ったので
そちらにもリンクを貼らせていただきました
不都合があればお申し出下さい

報告が遅れて、申し訳ありませんでした。


紀子様のご懐妊は嬉しいニュースでしたね
何はともあれ、元気にお産をして欲しいです
失礼ですけど紀子様は高齢出産になるし
母子共に健康なら良いなと思います

Posted by のりっぺ at 2006年02月10日 09:37
どうしても、子供が欲しい夫婦にとって
人工授精も代理母でも不妊治療でもあり。でしょ。
まして、国の代表として君臨する天皇ならば
代々続いてきた男系の家系を守るためならば、
どうするのが得策なのでしょう。
それが出来なくて、女性天皇、女系天皇が
これから君臨していくのが良策なのかわかりません。
ただ、科学も医学も高度な技術が無い中で
男系のY染色体を維持してきたところには
明らかに男尊女卑の考えが存在していたと思います。
今もそういう考えで家系を守っているところが
ほとんどだと思います。
確かに、皇后さまの人格、人権もあります。
それを否定するわけでもありません。
男系の家系を守ろうという考え方自体が
男尊女卑の考え方だと思います。
従って、代々続いてきている天皇家は
男尊女卑の考え方の上に成り立っていると
私は考えています。
結局、紀子さまのご懐妊で慎重論がでてきて
見送りになったと思われる、皇室典範改正案ですが
いずれ、何らかの解決策が必要かと思われます。
先に書いたように、必ず皇族、皇統に男の子が
生まれるとは限らないのですから。
Posted by gigshark at 2006年02月10日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。