色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年02月26日

借り換えや一本化に待った。

借り換え。一本化。

そりゃ銀行系などで、低利で借りられたら、
今より楽かも知れない。

でも、それは借金体質が完全に抜けている人にだけ
限定して言える事なんだってこと
みんなわかってるんだろうか?

高い利率で借りていたからこそ、
取引期間が長かったら
過払い請求という手段だって取り得る。

また、利率が高かったからこそ、
その程度の借金で済んでいたはずだ。

金利が低いと、
同じ支払い能力で、
今よりもっとたくさんの借金を抱える事になる。
傷口はより広くなるという事だ。

つまり、借金体質現役バリバリの人が、
借り換えや一本化に走ると、
多重債務問題は、より深刻化する。


今、借金ブログやサイトを見ても、
借り換えや一本化がブームだ。
低利への借り換えが流行っている。

でも、注目を浴びるのは、
借り換えで成功した人の話ばかり。

借り換えにこだわって、
その挙句、転落していく人の話は
借り換えをすすめるサイトやブログでは取り上げない。

当たり前だ。

結局のところ、
借り換えや一本化をおすすめして、
自分のサイトに貼ってある
アフィリエイトを利用してもらうのが目的なんだから。


では、ここで
私が借り換えを目論んで失敗した例を紹介しよう。
これは作り話ではない。
何せ、掲示板に実際にあった相談なんだから。

もう直接読んでもらった方が早い。

昨日の書き込み


借金解決の秘策は

借り換えなんかじゃないんだって!

まずは借金体質の改善なんだって!



こういう事は、もっとみんなに知ってもらいたい。
が、借り換えだらけのランキングに協力するのは嫌になってきた。
という事で、
人気ブログランキングは外そうと思う。
今後はこちらにご協力を→借金ブログランキング

はっきり言って、最近の人気ブログランキングは、
キャッシングをオススメするものばっかりだ。
みんなも借金ブログランキングに切り替えませんか?
posted by 鬼 at 10:12 | Comment(18) | 借金について
この記事へのコメント
私も、借り換え1本化について、疑問を持っていた。
少ない金額のを低金利の1本にまとめて、
それだけに集中して返済すれば、返済はスムーズに早く進むと思う。
だけど、多重債務に陥って、貸してくれる業者も無くなって、
返済金額を減らす為に1本化なんて、あるはずもない。
私自身も、同様の事を考えて、ある金融業者のドアを開けたことがある。
「300万まで審査無用」とか「多重債務者OK」とか「低金利1本化」とか
甘い言葉の一杯付いたチラシを見て行った業者なので、
もしかしたら闇金のような所だったかもしれない。
でも、ブログを読んでいて、そういう部分が一切出てこなくて、
美化された部分だけが目付いているのに違和感を感じてました。

借金返済に困っていた頃の私だったら、
仮に1本化に成功したとして、返済額が多少減っても、
その減った分でまた浪費して下手をすれば、
1本化する前の枠にまで手を出して借金を増やしてしまうかも知れない。(汗)
今の私なら、そんな馬鹿な事考えないですけど。
でも、少し前まで、そういう怖い要素を持っていたのは事実です。
そういう部分を改善せずに、
1本化でさも借金が減るように拡張宣伝されてるブログが多い。
それを信じて、簡単に手を出してしまう感覚も
凄く怖いと思うし問題だと思う。
多重債務に陥ると、物事を冷静に考える余裕すらなくなり、
正常に物事を判断できなくなってしまう。
大車輪にしても、1本化と同じ事が言えるような気がする。
低金利1本化や大車輪を成功させるには、
借金を絶対に無くする為の強い精神力と
常識的な判断力が必要なような気がします。

借金体質って、直るものなんだろうか。
自分の中に潜んでいる借金体質と向き合う時間が、一番怖い瞬間です。
Posted by kana at 2006年02月26日 13:51
kanaさん
借金体質は治らないと思います(笑)
ただ、借金体質を自覚することはできますよね?
kanaさんみたいに。

私は気が短いです。
これも借金体質と同じく、人としての欠点です。
以前は私自身、それにあまり気付いていませんでした。
私が気が短いのではなく、
周囲の人がトロいのだ、と。
今はそれが自分の欠点だと自覚しています。
で、治そうとしましたが、
そうそう簡単には治りません(笑)
そして治そうとするのがストレスにもなり、
いくら意識しても治らない自分に対して自己嫌悪に陥り、
つくづく嫌になりました。

でもね。
欠点のない人間なんていないんです。
だから、自分の欠点は欠点として、
常に意識して改善する努力はしないといけないけど、
治らないからと言って、
自分を卑下する必要はないんです。
欠点は欠点です。
長所もあるでしょ?
だったら欠点は意識して
一生背負って生きていくんだ、
ってぐらいの覚悟を決めてみてはどうでしょう?
私は短気な自分と一生向き合って、
一生改善努力を続けながら生きていく覚悟を決めました。
短期が出たときは、その都度反省する。
でも引きずらない。
それを補って余りある長所を磨く方が、
自分にとっても周囲にとっても、
たぶん良い事なんじゃないか、と。
私に「のんびり」を求めて近寄ってくる人は、
まぁ、そうそういないでしょう(笑)
だから、克服するというよりは、
背負って生きていく。

欠点を補うことの需要よりも、
長所を伸ばすことへの需要の方が
たぶん何倍も大きい。

欠点は、度が過ぎないように、
一生、意識して背負って生きていく。

借金体質にしても
それでいいんじゃないでしょうか?^^
Posted by 鬼 at 2006年02月26日 15:05
はじめてコメントを書きます。
いつも、鬼さんの言葉にそうだよなぁと、うなずいたり。落ち込んだり。

今日のテーマは本当にいつも私が思っていたことだったので勇気を出してカキコしました。
私も過去1本化して、さらに借金を大きくした一人です。
借金返済のブログなのに、どうしてサラ金のバナーを貼るのか、納得がいかなくて自分が借金で困っているのに、人が借金を増やすことを勧めるのはどういう神経なんだろうと思っていました。
鬼さんのいうように私も借金ブログランキングに変更しようと思います。
Posted by うぉんか at 2006年02月26日 16:26
借金体質を一生背負って生きていく・・・
重い荷物ですね。^^;
でも、多重債務に陥った事実に対しての、自分への戒めも含んでいますね。
封印することなく、頑張って改善尽くします。
Posted by kana at 2006年02月26日 16:58
うぉんかさん
サラ金のアフィリエイトを貼る人を批判するのもいいけど、
支払が滞っておきながら、
「自力返済にこだわる」って
私から見れば意味不明なんですけど。
既に「自力返済はできなかった」という
結論が出ているように感じます。
結論が出ているにもかかわらず、
未だ「自力返済」とか意味不明なこと言ってるなら、
それこそが借金体質だし、
何がしたいのか全然わかりません。
無意味に「自力返済」にこだわることは
あなたの人間性をどんどん切り売りすることになりますよ。
既に、あなたのブログを読むと
自己中心的で心を蝕まれている感じを受けます。
借り換えにこだわること=自力返済にこだわること
です。
わかった様なことを書いてますけど、
全然わかっていないと思いますよ。
Posted by 鬼 at 2006年02月26日 17:55
kanaさん
人生そんなに軽い方が良かったですか?^^;
私は重くて結構、「屁のカッパ」です(笑)

人生の重みを楽しみましょうよ^^
軽〜〜い人生なんて、つまらんつまらん(笑)
Posted by 鬼 at 2006年02月26日 17:59
鬼さん、お久しぶりです。TAKAと申します。
自己破産し、今月初めに免責を受けることが出来ました。

借り換えや一本化というのは借金体質が抜けて初めて成功するものだという点で鬼さんと同意見です。

体質が抜けていない時点で実行するのは、自殺行為も甚だしいと思います。
要するに借金を借金で返そうとして失敗するのと同じだという事に気がつかないんですね。

最近の借り換えや一本化が、さも多重債務の最高の解決法のようにのたまうサイトが増えたのは忌々しき事だなあと思っています
Posted by TAKA at 2006年02月26日 18:52
鬼さん、はじめまして。ハンドルネームmitと申します。
実は、「リストラ親父」のブログを見つけ、そこからこちらへ伺いました。「ポチ」はだいぶしてきておりますので、よろしくお願い致します(笑)。
リストラ親父さん、鬼さんの歯に絹を着せぬ、それでいて真摯なレスの仕方などに、正直感銘を受けてきました。
そこで一つお聞きしたいことがあるのですが、「リストラ親父」さんが述べているアフィリエイトで800万円の借金を返却した、と言うのは全く本当ではないとしても、それに近いことがあったのでしょうか?それとも、あくまで「親父」さんのキャラクターとして物語なのでしょうか?エンドマーさんとのやり取りなども見させていただき、いろいろ学ばせていただいておりますが、どうもこの点だけは判然としないので…
もし差し支えなければ、お答え頂ければ幸甚です。
Posted by mit at 2006年02月26日 21:07
mitさんよ!
キャラクターに決まってんだろう!?
俺はそんな歳じゃねぇぜ!?
先物会社に勤めたことはあるが、
手を出したことはねぇ!(笑)
借金も、
貸す側は経験あるが、
借りたことはねぇ!
ま、住宅ローンはあるがな^^;

ただ、アフィリエイトに関しては
それなりに自ら検証したぜ!
一応、アフィリエイト収入は
並みのフリーターよりはあると思うぜ^^

SEOに関しての知識もそれなりに勉強したつもりだ。
「サラ金」でググッてみろぃ!
一応153万サイト中1位だぜ(^O^)V
Posted by リストラ親父 at 2006年02月26日 21:43
リストラ親父様。早速のご返事ありがとうございます。
相も変らぬ歯切れの良いド迫力、いたみ入りまする(笑)。
Posted by mit at 2006年02月26日 22:15
鬼さんお久しぶりです♪
今回の記事は私自身にもあてはまるので、書かせていただきました。借換えや一本化で返済を進めている私から申し上げることは「効果はある」ということです。でも鬼さんのおっしゃる通り大前提に「借金体質の改善」があると思います。

借換えや一本化をする際に多少の金額的余裕(80万円借換えたければ、100万円の枠で申し込む等)がないとできません。ここでさらに残りもまた借りてしまうようなことでは借金は一向に減りません。むしろ増えます(-_-;)

結局はどんなに利息を下げることができたとしても、結局は返さないとなくなりません。もちろん借りないで。それが不安や心配なく続けられるようにするのが借換えや一本化の目的であり、大車輪のように「いつここで借りてこっちへ…」なんてやってると私なら不安で不安でしょうがないと思います。

安心して返済しながら生活できる状況を作ることが一番返済に重要なんじゃないかと感じている今日この頃です。
Posted by ヘブン at 2006年02月27日 11:53
はい、ここに借り換え一本化をして更に借金を増やした人間が来ております。
当時、自分が多重債務であることにも気付かず、当然借金体質であることすら自覚せず、一本化すれば楽になるしか考えられずに一本化しました。(実際は一本じゃありませんが)
私は一本化を基本的に勧めません。
自分が失敗したからわかるのですが、鬼さんのおっしゃる通り、なんの解決にもならないのです。逆に深みにはまっていくケースが多い。
自覚して、勉強して、考慮して、そこではじめて一本化は意味があると思います。
まあ上記三つができる人は借金しないと思いますが。^^;
今になって借金体質を自覚しているので、まさに戦争真っ最中という感じです。
Posted by 鯖子@屁のカッパ at 2006年02月27日 16:05
久しぶりにコメントさせていただきます。

知人というか、親戚と言うか…。71歳になって借金体質のおじいちゃまがいるんです。
債務整理、ヤミ金、家族へのとりたて、警察、弁護士、借金の一本化、借金にまつわるありとあらゆるコトをしています。(美人局とかも…あったみたい)
聞けば20代のころから借金していたそうです。
50年。今は家族とも絶縁状態らしい。きっと死ぬまで、変わらない、変われないのかも。借金体質の行く末は悲惨です。
Posted by おこりん at 2006年02月28日 17:08
最近、借金の相談が沢山来てて困ってます・・・
みんなに、このブログ教えてますが
見てないのかな・・・

でも、借金の相談を聞いていて思ったことは
「その根本的な考えを改めてクレ」
って事だけです。
闇金とかも、今時、情報も沢山あるのに
引っかかる方がおかしいって言われても仕方ないしね(確かに闇金は違法なんだろうけどね)

挙句の果てに
「銀行系で一本化したいから、保証人になって」
だって・・・!!!!
その前に、家とか車とか、売る物があるんだろうって思う私。
「子供がいるから、家は売れない」
意味がわからないよ。
子供がいるなら、もっと考えろよって思う。
家を買う人って、体裁で買ってるのかなぁ。

ていうか、
借金の相談が来る自分にも
ちょっとガックリ・・・・
何か、馬鹿にされてるような気分です。

・・・愚痴みたいなコメントで、ごめんなさい。
Posted by のりっぺ at 2006年03月02日 00:22
初めて書かせていただきます。
ブログをはじめて最初のコメントです。
私も一本化で失敗経験があります。
一本化を申し込んだら、融資可能額が借金額に満たない金額でそれでは意味が無い事はわかっていました。でもせっかくだからと借入をしてしまいました。とてもバカな私は借入した分で払えるだけでも払えばよかったのに、全部生活費の滞納分などの支払に使ってしまいいたずらに借金を増やしてしまいました。
詐欺にあうよりはマシでしたが「借りて返す」という自転車操業は返していないことだと気づきました。
借金に懲りていたようで、実際には懲りていなかったのです。
でも借り癖は直そうと努力していきます。
Posted by 有栖川 at 2006年03月05日 20:05
また投稿させて頂きます。


本当に考えさせられる内容です。
こういう事柄は経済的事由や結果よりも
人間性の問題に行き着くのではないかと思います

そして、こういう鬼さんの危惧する事や
又、指摘する(被害者意識)などは
これからも、恐らく増加していくのでは?
と…思います。

そういう…
そうなって行くと予測される社会に

やはり、鬼さんのような「警告者」が必要だと思います。


実際に僕は、鬼さんのブログに出会って
自分の無知と愚かさを知りました
(借金云々ではなく…)
恥ずかしい話、僕自身、もしかしたら
そういう大事な部分の「考える」という
原則を放棄していた人間の一人だったかも知れません。
鬼さんのブログに出会うまでは…

本当の意味で考える
本当に悔い改める
       ・
       ・
       ・

簡単なようで…
難しいですよね?

(鬼さんから言えば、お前も認識不足と言われそうですね)




そういう上記の事を踏まえ思うのですが…
(ここからは至極個人的な意見です)

正直、鬼さんのようなそういう事柄に長けた分野の
人が経済塾のような事は、どうなのでしょうか?
僕自身、思うですが、こういう観念は
受験等など同様、…いや、それ以上の財産になる
事だと思います
(本人の使い方次第で…)

すいません。
支離滅裂な拙い内容で…

ただ…

僕が思うには、鬼さんはブログだけで納まる方では
無いと感じられるのです
正直、鬼さん自信も…葛藤や矛盾・・・・
又、押さえ切れないものがあるのでは、無いかと
思われます。

気分を悪くしたら本当にすいません

僕自身、「いただきます」で主張させて貰った
ように、自分に不安がある人間です
こういう考えは多いと思います
逆に、気づいてない方も多いと思います

だからこそ、鬼さんのような「警告者」が
必要だと思います。

どうですか?

正直、僕としては、鬼さんにブログ以外の活動…
セミナーや公演等など…
(希望としては学校法人)
のような事ができれば、救われる未来があるのではないかと思います。
少なくても、僕はその中の支持者の一人です。

…でも、鬼さんからすれば・・・・
「嬉しいけれど、無責任な支持者」
に…なるのかも知れないですけね。

ただ、これだけのブログランキングの過当競争の中で、常に上位を占めているのは…
やはり、鬼さんに対してそれだけの共感や支持があるからではないのでしょうか?





もう一度、言いたいのですが
僕は、鬼さんがお金の認識について
大勢の前で訴えている、呼びかけている姿を想像して行きたいです。


本当に稚拙な文章ですいません
気分を悪くしたらすいません
謝ります

僕の正直な思いだったので…




























































Posted by at 2006年03月06日 04:34
僕は、過去ログから何回も読み直しました

その度に、考えさせられましたし
改めました

そして決意もしました。

しかし、やはり人間は薄らいで行くものだと
思います。
以前、鬼さんは公演やセミナー等を断っていたと
思いますが、それは今も同じ決意なのでしょうか?

そういうのは、求めても難しいのでしょうか?



仮に、そういう声は届かないのでしょうか?


鬼さんだから、「救える」…事は多いと思います…














Posted by at 2006年03月06日 04:57
こんにちは。
私は鬼さんに相談して、たまたま1本化に成功して借金も終わりました。
鬼さんのおっしゃること、まさしくその通りだと思います。

ちゃんと借金を返そう、って思ったときにどんなに苦しくても借りるのをやめました。
そしたらちゃんとやめられたんです。
もしかしたら借金体質は治ってないのかもしれない。でもお金を借りずに前向きに返済してきました。

鬼さんに相談させていただいて、一本化できるかもしれない、とお伺いし、一本化をお願いした消費者金融の営業の方に申し込みをしたとき、そのことをとても褒めてもらいました。
あなたなら全額お貸しします、と二つ返事でOKいただいたときにはものすごく嬉しかったです。

ささいなことですが、信用ってこんなに大事なものなのかと思い知らされました。
もう二度と借金はしないようにしよう、と思いました。

自分語りでごめんなさい。
鬼さんには本当に感謝してます。
ありがとうございました。
Posted by まき at 2006年03月07日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。