色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年04月14日

アイフル業務停止

アイフルに業務停止処分!


私の感想。

遅いよ。




アイフル株価売り注文殺到!ストップ安!

私の感想。

アホだ(笑)




ライブドア株にしてもそうだったけど、
株を買うということは、
その会社を信任して支援するという事。

アイフル株を買うということは、
アイフルという会社を研究してよく知った上で、
アイフルという会社に資金を注入して、
社会で活躍させることを意味する。

反社会的な会社を経済的に後押しした投資家が、
会社の違法行為によって経済的ダメージを負うのは当然のこと。

よく調べもしないで買っていた、にわかデイトレーダーなども、
無意識の内に犯罪に協力した業務上過失犯罪者だ。
そこに同情はいらない。

世の中、見る目を養った者だけが成功を手にする。
これはある意味自然なことであり、
ある意味、当然の結末なのかも知れない。
なぜなら見る目のない人間は、
自分が気付かない間に人に危害を加えるからだ。

アイフルをこういう経営体質にしたのは、
こういう会社が最も市場評価を受ける、という
今の株式市場をはじめとした経済社会に他ならない。

事実、こういう会社が最も市場評価を受けるのだから。
アイフルの前は武富士・・商工ファンド・・日栄・・。
いずれも同じ様な会社ばかりだ。
業績のためなら多少の無茶は許容範囲。
それが次第にエスカレートする。

そんな会社を社会が求めているのだから、
アイフルに限らず、今後もこういう会社は必ず現れる。
しかもトップ企業から。
真に価値ある企業を見極める目を、
私たちが持たない限り、
世の中はいつまでも変わらない。

アイフルの今回の事件にしても、
去年の11月の段階で私は言っただろう?↓
http://sarakinn.seesaa.net/article/9462133.html

こんな情報、いくらでも知ることが出来たはずだ。
こんなことも知らないで株投資して、
いざ処分されてから慌てて売り注文だもんねぇ・・・。
投資家ってバカばっか・・・。
情けない人たちだよ、ほんと。

さて、次にサラ金業界でトップになって、
いずれまた行政処分を食らうのは、
どこの会社なんでしょうねぇ(笑)
今のところ目ぼしい会社は見当たらないけど、
市場原理がそうなってるんだから、
どっかが名乗りを上げるんでしょうね(笑)


借金ブログをロムるなら→借金ブログランキング

posted by 鬼 at 13:14 | Comment(4) | サラ金ってどんなトコ?
この記事へのコメント
最近本当悲しくなる投資家が多くて・・・。
情けなくなると同時に日本の行く末が心配になります。目先の小銭稼ぎばかりしないで、もっともっと自分を磨いて欲しいです。
今日もお勉強になりました。ここに来て、考える良い時間がもてました。
Posted by 香苗 at 2006年04月14日 21:29
鬼さんでいいのかな?
お久しぶりです。m_ _m
最近、サラ金日記がアップされてないのでどーしたのかなぁ・・・とあちこち迷っていたら、ココに行き着きました^^;
暫く来ていなかったから気づきませんでした。^^;
お元気そうで、何よりです^^

しかしアイフル騒動、凄いですね。
株価も動いているようですが、私にはまるで関係の
無いお話なので「へー!そーなんだ!」程度。
貧しくても、何とか食べていければいいや!の
感覚のお陰ですかね^^;

ここもお気に入りに入れておきます^^v
また、寄らせていただきますので、お体に
気をつけてがんばってくださいね!

ではでは・・・・
Posted by たけちん at 2006年04月17日 12:55
初めてコメントします。

このHPは毎日見させていただいてます。
有用な情報いつも有難うございます。

この記事に関連して私が一番笑ったのは、格付け各社(R&I、JCRなど)はこれだけの行政処分を受たにもかかわらず、直ちには格付けを格下げしないということです。

これはつまり、「アイフルの営業が荒っぽいことは周知の事実で、いずれこうなることはわかっていた。そんなことは格付けに既に織り込み済みである」ということか「アイフルはこれだけの行政処分を受けても、借りる人にはお構い無しである。多重債務者にはそんなことはたいした話ではない」ということを言っているってことですよね?

どっちにしても「なんだかなー」って感じで、思わず笑ってしまいました。
Posted by たか at 2006年04月17日 18:39
 どうも釈然としないのが、4月13日に金融庁のHPにパブリックコメントの結果を公表しました。(貸金業の規制等に関する法律施行規則関係)というプレスリリースされた次の日にタイミングのよすぎる日経新聞の権威ある一面にでかでかとアイフル全店業務禁止、違法取立て放置という記事です。

 アイフルを擁護するわけではないのですが、おそらく金利を下げるために世論を動かそうとする勢力が裏でしっかり工作してやったんではないか思います。

 また金利を下げても借りる人は借りますから、最近は借り手のほうが強く多重債務者のを喜ばしていて、さらに地下にもぐる金融業者が増え、犯罪が凶悪化する可能性がでてくる。こんなことをして何の意味があるんだと思います。

 簡単に破産できないように破産者にもっと社会的制裁を加えるような厳しい行政処分を下す、そういったほとであれば、多重債務者が減る可能性が出てくると考えますが、はなから仕組まれた貸金業たたきありきのこの報道はなんだかなーって感じがします。
Posted by アリストテレス at 2006年04月18日 01:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。