色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年06月07日

保証人や名義貸しで借金を背負ってしまった人へ

・保証人になってしまって、他人の借金をかぶってしまった人。
・名義貸しをして、他人の借金をかぶってしまった人。

自分の借金じゃないのに。
騙された。
主債務者は人でなしだ。


そうかもね(´ー`*)



でもいつも思う。
だから何なの?って。

借金って、自分が浪費したときだけ背負うものなの?
借金って、ギャンブルした人だけが持ってるものなの?
ビトンやシャネルのバッグもなしに借金背負うと不満なの?

じゃ、「自分で借金作った人」って、
ぜ〜んぶ「自分のため」にお金を使ったの?
「人のため」に借金を背負うと「カワイソウ」なの?


事業資金の借入れ。
従業員にはいい暮らしをしてもらいたくて、
会社の業績が悪いにもかかわらず無理してボーナスを支給。
そのために借金。

子供の教育のために有名学習塾に。
そのために借金。

そんな人たちの借金、
「自分のための浪費」ではないかと思う。
でも借金は借金。

どうやっても足りないお金を今確保して、
後で利息を付けて返す。
無理に決まってんじゃん(笑)
それも見栄、これも見栄。
保証人や名義貸しを断れないのも見栄。



保証人や名義貸しで借金を背負った人へ、
私はよく
「それは見栄代だよ。いいカッコするのはお金が掛かるんだよ。」
って言う。すると
「いいカッコ代が300万なんて高すぎる!納得できない!私は被害者だ!」
な〜んて言う。


ここで一つ、
「ニセお金持ち」の話をしよう。

実はお金がないのに、
瀬零部さんは、飲みに行くといつもオゴってくれる。
どうやらオゴるのが好きらしい。
付き合い始めはお金持ちなのかと思っていたが、
どうやらそうではないらしい。
単なる「カッコ付け」、「いいカッコしい」なのだ。
普段の生活で特別贅沢をするわけではないので、
オゴるクセさえなければ借金など無縁だった瀬零部さん。
でも毎回オゴるとなると、
普通の収入の瀬零部さんにお金が続くはずがない。
すべて借金してオゴっているのだ。

この人の借金、
「自分の使ったお金」なんだろうか?
借金で使ったものは、全て周囲の人の胃の中だ。
では、この人は「かわいそうな被害者」なんだろうか?

恐らく、
「それは自分の判断で勝手に借金したのだから自業自得」
ってのがほとんどの意見じゃなかろうか?

では、
保証人になって借金を背負った人、
名義貸しで借金を背負った人、
一体、この瀬零部さんと何が違うのだろう?

私には違いがわからない。
どんな違いがあるのか、どなたか教えておくれ^^


最近どうでも良さげな→人気Blogランキング^^

借金ブログなら→借金ブログランキング

posted by 鬼 at 18:23 | Comment(18) | 借金について
この記事へのコメント
お久しぶりで御座います。
「すべては偶然ではなく必然なんです」なんて事を、
「○○の泉」なるテレビ番組で○○さんが述べてますが、借金も然りでしょうか。
そうは思いません。理由はどうあれ借金は借金。
それ以上でも以下でもないと考えます。
鬼さんの意見は真実です。「事実は真実」です。

Posted by 和尚 at 2006年06月08日 09:01
お友達におごりまくって,
おごっていないとお友達がいないって,

........ ん?

おごられる理由もないのに,
おごられてばかりいたら,
...まともな人なら,いくらおごってくれても
離れていかないかしら。

「かっこつけ」,「いいかっこしぃ」に付いて来
るのは,....

...その程度の人なのに。

鬼さんの書き込みを見ていたら,そんなことを思
い出しました。

話は変わります^^
私は借金体質では無いと自信を持っていました。
生い立ちと言い,性格と言い。
ですが,私は,たまたま借金をしないですんで
いた人でしたっけ?

...それみたいです^^;;;

借金はしたことありますよ,カードでブランドバ
ッグなんかも買っていました。
でもそういうことではなく,家計簿をつけている
時に気付いたんです。

調子のいいときはものすごく綿密。
3食のメニューまで書いて,子供達の様子から,
家族のイベントのことなんかも書き込んだり
して。

なのに,(真っ当な)都合で,急な出費があったり
して,どうしたって黒字になりっこなくなってき
たら,...記載もいい加減,投げやり。

いろんなめどが立ってくると,途端に前のような
にぎやかな「雑記帳」と化す。
...現実を直視する事が苦手と見た^^;;;

借金体質を自覚して,身の丈にあった生活をして
行こうと再確認しました。

鬼さん,ありがとう^^
Posted by ♪ at 2006年06月08日 14:13
おひさしぶりです!
鬼さん(^o^)丿

ところで借金持ちが「ええかっこしぃ〜」なのは
私も本気、実感します。

私の知っている人は差し入れをしなくてもいいのに
職場に差し入れを持って帰るし
その差し入れも300円パックアイスを買えば600円ですむのに
ハーゲン○○ツを20個、250円×20個=5000円を買って帰る。
母や弟や彼の誕生日には2万円〜5万円のプレゼントをする。
でも実態は200万円の借金がある。

そんな感じで私の周りの借金をしている人は
借金がある状況なのにその出費はしなくても
いい出費なのでは?と思うものがよくあります。

そして借金があることを周りの人に隠すことなく
言えるのだったら、言ってることを利用して
もっと出費を控えるというか
ケチケチしてみるのもいいのでは?と思ってしまうのです。

お金をちゃんと持っている人は汚くない程度に
ある程度、ケチケチというかちゃっかりしてます。

たとえばATMからお金をおろすときには
絶対に時間外手数料を払わないとか。

こつこつと毎日、お弁当を持ってきてるとか。
毎日、水筒やペットボトルにお茶を持ってきてるとか。

「ええかっこ」することも大事だけれど
それは余裕のお金でしないとね・・・。

借金があるのを周りに言ってあるのに
「?」なお金の使い方をしていると
よけい自分の評価を下げてしまうのでは?と思っています。

それは結局、「ええかっこ」出来てないですし・・。

Posted by みち at 2006年06月08日 23:18
深いなぁ・・・・・。
Posted by tom at 2006年06月12日 17:05
見栄で借りるヤツは多いだろうが、保証引き受けに
ついてはそうとも限らないだろ。
債務者A『来月のB社さんへの支払い、どうしても遅れてしまう。。。』
下請けB『ぇぇっ!そんな!そのお金で手形の決済があるのに!』
A『じゃぁサラ金でしのぐしかない。しかし今月、用入りでちょっと借りすぎてて、保証人いないとムリなんだ』
B(保証人なんてとんでもない!・・・でもここままじゃ払ってもらえないし、手形落とすにはどうしてもここの支払いがないと。。。だったら自分で借りるよりは。。。。)


なんてケースは決してレアじゃないだろ。これも見栄なの? Aが破綻した後に、この借金を被ったBはやっぱりセレブさんと一緒?

『世話になった先輩だから断れない』
『いつも仕事回して貰ってるから断れない』
『子供の入院代っていうんじゃ断れない』
『こいつに前に貸した30万、返す為だからっていうんじゃしょうがない』
『ここの会社に今潰れられたら困る。しかしウチの会社も金なんてない。じゃぁしょうがない。。。』

見栄で保証受けちゃうヤツもいれば、義理やシガラミで仕方なしに受けてしまうヤツもいる。むしろこっちのが多いんじゃないのか。

以下は個人的な意見。
保証なしにはサラ金も貸し出しできないような、債務者の状況を保証人がしっかり把握してると思う?
債務者は『オレ保証ないと金出ない位信用ないんだよね』なんて保証人にはいえない。むしろ『絶対大丈夫!来月のボーナスで一気に返しちゃうからお願い!』って安心させるよね。サラ金の営業も、営業数値があるんだから保証人の不安煽ったりしないでしょ。
債務者の本当の状況を知らずに契約する保証人。
債務者がダメにはって借金を被る保証人。
債務者も保証なんて頼みやすいヤツ(後輩、下請け、貸しがある人、つまりは立場の弱い断りにくいヤツ)に優先して頼むんだから、やっぱり保証人には同情してもいいと思うけどな。


まぁ、それと『だから払わない!』っていうのは全く別だがw

鬼さん最近視点が捻くれ過ぎてない?
Posted by あ〜ぁ at 2006年06月17日 09:55
あ〜ぁさん
ご意見ありがとうございます。


> 債務者A『来月のB社さんへの支払い、どうしても遅れてしまう。。。』
> 下請けB『ぇぇっ!そんな!そのお金で手形の決済があるのに!』
> A『じゃぁサラ金でしのぐしかない。しかし今月、用入りでちょっと借りすぎてて、保証人いないとムリなんだ』
> B(保証人なんてとんでもない!・・・でもここままじゃ払ってもらえないし、手形落とすにはどうしてもここの支払いがないと。。。だったら自分で借りるよりは。。。。)

「自分で借りるよりは。。」という選択をしてるのなら、
たまたま保証人の立場だっただけで、
一歩間違えれば主債務者の立場ですよね?


> 『世話になった先輩だから断れない』

あいにく私には保証人を断れない先輩はいないので気持ちはわかりません。
保証人を断れないほどの世話ということは、
命でも救ってくれたのでしょうか?
だってお金は命の次に大切なもの。
命の恩人以外に私財を投げ打ってでも義理を返すような相手はいないはず。
仮に命の恩人なら、
保証人になって借金を被ったぐらいで文句言うなと思いますが。


> 『いつも仕事回して貰ってるから断れない』

そんな情けない仕事の仕方をしてるの?
もっと誇りを持って仕事した方がいいね。
仕事回してもらうのに引け目を感じてるの?
あなたの仕事はそんな「粗悪品」なの?
私なら仕事を回してくれた人には感謝はすれど、
その感謝は仕事で返すね。
いい仕事をすればそれでギブアンドテイク。


> 『子供の入院代っていうんじゃ断れない』

子供の入院代はその親が心配すればいい。
親が用意しなかったのならそれは親の責任。
あなたが面倒見て、その子供に恩を着せて楽しい?


> 『こいつに前に貸した30万、返す為だからっていうんじゃしょうがない』

意味不明(笑)


> 『ここの会社に今潰れられたら困る。しかしウチの会社も金なんてない。じゃぁしょうがない。。。』

そんな会社と取引きしたのが間違い。
元々、経営者ってのは、
ある程度の一定の貸し倒れは予算として組むべきで、
それに対応できないのであれば、
そもそも自分の会社自体が傾いてるんじゃないの?
そりゃ、連帯保証が原因で借金を背負ったのじゃなくて、
完全に自分の経営能力不足。
自分の負債の中の一部に、
他人の保証債務があっただけの話でしょ?

> 保証なしにはサラ金も貸し出しできないような、債務者の状況を保証人がしっかり把握してると思う?

だからはじめからそういう相手ってわかってるんでしょ?^^;


> やっぱり保証人には同情してもいいと思うけどな。

はじめっからそう言えばいいじゃない。
「同情してよ。」って。
要はそれが本音でしょ?

で。
同情してもらって何になるの?
ってことを私は言ってるの。

一部の人は同情してくれてるよ。
あなたと同じ様な人たちが。
前に書いた「悲劇のヒロイン予備軍」だね。

まだわからない人は勝手に落ちていけばいい。
私はそういう人たちには興味ないから。
ご愁傷様です。
m(__)m
Posted by 鬼 at 2006年06月17日 19:54
貴方の頭の中がご愁傷様だよw
論破してる振りして論点のすり替えで誤魔化してる
だけ。貴方の価値観が絶対で、人は貴方のカテゴリーで全て分類されるの? 保証を引き受けた人種は全て貴方の中では同類なんだね。弱い会社で経営も傾いていて、仕事も営業で取ってきてやっと回して貰って、次の支払いまでギリギリの遣り繰りをしているB社の社長と、貴方の言うセレブさんとは、同じ保証人でも引き受けた理由が全く違うでしょ?と言っただけ。
保証を引き受けてしまった以上、もちろん弁済するべき。結果は何も変わらない。
ただ、だからと言って保証を引き受けた事自体を卑しい事のように蔑む貴方の物言いはどうなの?



ここは貴方が貴方の価値観で作り公開しているブログ。それに納得できない自分。だから自分は当然場違いだね。消えます^^じゃあね。
Posted by あ〜ぁ。 at 2006年06月18日 08:31
あ〜ぁさん、
私は
自分に原因があって借金を背負った人と、
他人の保証人になって借金を背負った人が
同じだとは全く思っていません。

なぜなら、
自分に原因があることを認めている人は、
改善すべきが自分にあることは理解しています。
それが改善できるかどうかは別にして、
とりあえず「自分を知る」ことは出来ています。

対して、
他人のために借金を背負ったと主張する人は、
改善すべきを自分でなく他人として捉えています。

自分を変えることは出来るが、
他人を変えることは出来ないのです。
原因を他人としてしまうと、
常にことあるごとにその原因を他人に転嫁するクセがつきます。
そうして廃人になっていく人を多く見てきたから、
それに対して警告しているんです。

私は債務者でもなければ保証人でも債権者でもない。
私にとって、
誰が悪かろうが悪くなかろうが、
ハッキリ言って関係ない。
そういうことすら理解する能力がなければ、
どうやって商売を成功させますか?
商売とは、顧客の心をつかむのが仕事です。
相手の心を理解できないで商売など成功するわけがない。
それでは経営が傾くのも必然です。
その原因を棚上げして連帯保証制度を論じても、
それは言い訳にしか聞こえないんですよ。
商売人が同情など求めては経営者失格です。

あ〜ぁさんが理解できるかどうかは疑問ですが、
これを読んだ境界線にいる人には、
出来れば気付いて引き返して来て欲しいと願います。
Posted by 鬼 at 2006年06月18日 09:12
>あ〜ぁさんが理解できるかどうかは疑問ですが、

相変わらず人を見下して話すのが好きなんですね。

>自分で借りるよりは。。」という選択をしてるのなら、
たまたま保証人の立場だっただけで、
一歩間違えれば主債務者の立場ですよね?

>私は
自分に原因があって借金を背負った人と、
他人の保証人になって借金を背負った人が
同じだとは全く思っていません。

一応確認しますがどちらも同一人物の発言ですよね?

>私は債務者でもなければ保証人でも債権者でもない。
私にとって、
誰が悪かろうが悪くなかろうが、
ハッキリ言って関係ない。
そういうことすら理解する能力がなければ、
どうやって商売を成功させますか?

私も債務者でも保証人でも債権者でもありません。
もちろん誰が悪でも関係ありません。
わからないのは、なぜ商売の成功法の話になっているのでしょうかwwwwww
誰か商売成功の秘訣を聞いたのでしょうか?
すいません。私が文盲のようで読み取れませんでしたw

>その原因を棚上げして連帯保証制度を論じても、
それは言い訳にしか聞こえないんですよ。
商売人が同情など求めては経営者失格です。


何度も言いますが、連帯保証制度なんて論じてませんよ?商売人が同情求める話もしてません。経営者の適正の話もしてません。
貴方が保証人になった方々の事を、その人格までも見下して書くものだから、見るに耐えなくなって
『こういうケースでも人格に問題ありなんですか?やむを得ずに保証を引き受ける場合だってあるでしょ?保証人も見栄をはるセレブさんだけってわけじゃないでしょ?』という例を示す為に、A社とB社に例えただけですよ?


先程も申し上げたように、ここは貴方の価値観で塗り固められた、貴方のブログです。何を仰っても自由と思います(それでもネット上に公開するにはそれなりの覚悟と責任がある、と個人的には思いますが)。
なので、レスを付ける方々も、自然、貴方に賛同される方が多いのだろうと思います。


でも、


ぶっちゃけ


おかしいって思う人いるでしょ?w
Posted by あ〜ぁ at 2006年06月18日 10:11
> 何を仰っても自由と思います

そうですね^^


私の記事を読んで、
読者が自己の戒めとするのも自由、
反発して私に攻撃するのも自由。

ただ、私としては読者には向上してもらいたい。
そう私が願うのも自由。


あなたのコメントを読んで、
「そうだそうだ」と思うも自由、
「かわいそうに」と思うも自由。

ただ、私としては読者には、
あなたを反面教師として捉えて欲しい。
そう願うのも私の自由。


> 相変わらず人を見下して話すのが好きなんですね。

見下されないように自己を磨くも自由、
見下してきた人間を非難するも自由。

ただ、私としては読者には、
人から見下されないように努力して欲しいと願う。
それも私の自由。


コメントに「wwwwww」が付いた時点で、
「あぁ結局この人種か」とバカバカしくなるのも私の自由。
議論だと思って対応していたら、
反論が難しくなってきた段階で、
やっぱりいつもの荒らしと同じく、
単なる誹謗中傷と化してきた段階で
次回からコメントを掲載しないのも私の自由。

読者のみなさんに、
「あなたもこうなりたいですか?」
と問うのもまた私の自由。

自己の責任を棚上げして他人に責任転嫁すると、
こういう人になるのですよ、と
元々この記事がそういうことを書いてるのだよ、と
改めて問いかける機会とさせて頂くのも私の自由。

さらに気分を害して荒らしと化すも、
コメント承認してもらえず、
どうやって鬼を困らせてやろうかと、
結局そういう発想しか思い浮かばないのは、
あなたの自由。

そして自分が苛立っているのは鬼のせいだ、と
自分の考え方にまで思考が及ばないのもあなたの自由。

結局、
人は自分の行動には自分で責任を取るしかない。
他人に責任を転嫁しようとしても報われないどころか、
返って傷口を自ら広げてしまうだけだと、
それに気付くも気付かぬも、あなたの自由。

Posted by 鬼 at 2006年06月18日 11:17
誰が間違っているか、誰が正しいかが問題ではないと思います。私はいつでも物事を冷静に見られる、過程じゃなくて結果を見据えて判断できることが大切だと思います。

自分自身や家族を愛していれば、どんなに恩を受けた人から連帯保証人を頼まれても絶対に受けないはずです。

借金を申し込む人はお金がないからです。そのお金がない人がどうやって借金を返済できるのでしょうか?「必ず返す。」という言葉には信憑性が全くありません。連帯保証人であっても同じことが言えます。

連帯保証人になってくれとかお金を貸してくれと言われた場合、自分は迷惑をかけても良いと思われていると考えて欲しいのです。誰でも家族以外の他人に頼る時殆どの場合は、本当に大切な人は保証人や連帯保証人にはしません。借金を申し込まれた時点で、自分は信頼されているのではなく、舐められていることに気づいて欲しいのです。その人にとっては自分はそれだけの存在なのだと考えて欲しいのです。

借金を頼む方もそれを受ける方も同じ穴の狢であり、実に愚かだと思います。連帯保証人になることは他の人の借金を抱えることです。それが分かって引き受けたのですから、同情の余地はないと思います。

人は窮地に追い込まれれば、他人に助けを求めます。そして大切な友人もどき存在や仕事関係者にでも簡単に頭を下げます。それで借りることができればそれでいいのです。一時を乗り越えることが目的ですから、保証人や貸主への返済には気持ちが向いていません。「今をしのげば何とかなる。」的発想なのです。それがわかって借金を引き受けるのですから、借金の肩代わりをした人には同情をすることはできません。

自分自身の生き方や家族への責任感があれば、借金の申し出をきちんと断れるのが当たり前であり、借金に無縁の生活を送りたいと考えるでしょう。

私は借金体質と借金引受体質は同じだと思います。両者とも自分の弱さや勉強不足が招いた結果であり、全て自分の責任です。連帯保証人がかわいそう?そうとは思いません。甘えるな!と言いたいです。

Posted by あかだま at 2006年06月18日 14:13
私は借金に対して無知同様だけれど...,
だからこそ,お金のプロ(?)である銀行さんが,普通に貸してくれないってことは,返す能力に問題ありって保障した事になるのじゃないのかな?

そして保証人無しには,つまり何かあったときには代りに返してくれるヒトを見つけて来い,でなきゃ貸せないってことでしょ?

アパートに入居する時の保証人だったり,入学就職に際しての保証人とは違うでしょ。
...その場合でも,「保証人」なんだから,軽々しく受けちゃいけないよね...。

「保障」と言う事をもっと真剣に考えなきゃいけないと思う。

どうしても断わりきれないしがらみ...実際にあるとは思うけれど,
「オンナが欲しい,お前の女房差し出せ」だの,「娘を差し出せ」なんて言われたら,ホイホイ差し出すのかな。

「あの時助けてやったじゃないか,今度は私を助けろ」って,ほかの事ならいざ知らず,アナタに助けてもらったワタシの命を,今度はアナタのためによこせと言うのだろうか,それじゃワタシの命は,アナタの危機の際の保険として確保してあっただけ?
ってことは,ワタシのために助けたわけじゃないでしょ?

...そんなヒトの為に何を義理立てするのでしょう。

まして,サラ金のお世話にならなくちゃ運営できない会社は,その時点でダメなんじゃないですか?

...だって,サラ金だよぉ???

それとも,私の感覚が間違っているの?

その昔,私がまだほんの子供だった頃,不思議だなと思った言葉,
「あの会社は現金取引だけ」
正直,どんな場面で誰に対して言われたのか,覚えていないのだけどそんな内容だったと思う。あてにならない会社,信用のない会社,そんな雰囲気で話されていたと思う。子供心にやりきれない感じがしたことを覚えているけれど,そっちの方が健全だったと思える。
Posted by ♪ at 2006年06月19日 12:36
お久しぶりです。

保証人って、お金を借りる人が返済不可能になったときに、借金した人に変わって自分が払います。
と契約を交わしているわけなんですから、理由はどうあれ返済不能になった人に変わって借金を返すのは、当たり前ですよね。
いい大人なんですから、義務は果たさないと。
理由を聞いて、同情したところで返済額が減るわけでは無いです。
自分の小遣いの中から返せる額の保証人なら、本人の自由ですが、家族にもしわ寄せが行くのなら断る勇気が必要だと思います。
借金をする人も、保証人になるもそれなりの覚悟をして貰いたいです。(覚悟の上と言う人は、愚痴なって言わないですよね)
後になって、こんなはずでは無かったと言っても後の祭りですから・・・
Posted by 凜子 at 2006年06月19日 17:49
彼はご両親兄妹が居ない、身寄りもない。
命にかかわる件で彼に助けてもらった…彼が居なかったら今の自分は居ない。

で、頼まれて断れますか?
ココロを鬼して…できますか?
全額とはいえないが、抱えられる範囲の事であれば、借金の相談にも乗るし、保証人にもなる。

私は間違ってたのかな?
Posted by nini at 2006年06月26日 04:51
だから断れなくて、その断れなかった自分を善しとするならば、
後悔しなければいいじゃないですか。
自分のために、貸した金なんだ。
これは自分の情け(見栄)が強すぎるせいで、自ら背負った苦労なんだ。
そう思えればいいんじゃないですか?
私は間違ってたのかな?などと迷う時点で
どこかで見返りを期待していたのではないですか?
この金が元で、彼は立ち直ってくれるはず!
それも立派な自己満足でしょう。
Posted by ・・・ at 2006年06月26日 11:18
『抱えられる範囲のことであれば...』
...(-。-)=3
それならいいんじゃない?ご自由に。

そんなことじゃないでしょ,
「騙された,私に非は微塵もない,私は被害者だ,...」
だから可哀そうなんだ,自分の借金じゃないのに...って言うのが悪いんじゃないの?
Posted by ♪ at 2006年06月27日 13:34
あーあさんへ!私も以前は同じ考えでした!
商売してたらお金が足りない苦しい時に
助けてもらった人や大事な取引先に保証人頼まれたらほとんど引き受けてました。
経営者失格なんですね!にげたらだめなんですね!
一番大事なのは家族であり会社なんですよ!
保証人を求めてくるとこは資金的に苦しいとこなんですよ!ただむかしは第三者保証人を求められる事多かったですね!お互い経営者同士保証人なりあってね。また甘い事書いてしまったか!
Posted by 海底星人 at 2006年07月02日 14:34
初めて書き込みします。
鬼様とあ〜ぁさんのやり取りが面白くて、つい読み込んでしまいました。
鬼様のブログや掲示板は大体目を通して、鬼様の考え方の「本物さ」に感銘を受けております。
救えない人は救えない。でも、少しでも救える人になってほしい。そんなやさしさが感じられます。
このエントリにしても「他人の借金を背負わされた」という、安易に他人のせいにすることによって自らの借金体質から目をそらし、借金まみれの人生を歩みかねない人を少しでも「まともな方向に」引き戻すためにかかれたものだと思います。
それに対して「あ〜ぁ」さんは、「中には同情できる保証人もいるだろうに」という、鬼様の(愛に満ちた)主張を根底から否定するようなことを書いておられるのだから、鬼様が怒られるのもうなづけます。
「同情できる保証人もいる」という考え方は、いざ自分が保証人になったとき、自分に適用されます。つまり「あ〜ぁ」さんは、たまたま今借金はないかもしれませんが、借金体質であるということを吐露しているのです。
鬼様のコメントの意味をよく汲み取って、自身の糧にされるのがよいと存じます。
Posted by だいぶつ at 2006年08月30日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。