色んなサイトがあるもんだ^^
節約・貯蓄ランキング
〜借金してる人に是非見て欲しいブログが集結〜
借金ブログランキング
〜借金してる人って、こんなにいるの!?〜
借金解決お役立ちランキング
〜鬼よりすごい兵どもが・・・〜
借金解決の鬼!
〜借金解決の無料相談はこちら〜


2006年10月04日

借金体質克服のカギ

借金体質の克服に最も大きな壁となるもの。

それは人の心の善と悪にある。

と言っても、
何も性善説などを唱えるつもりはない。

人は善の顔も持っていれば、悪の顔も持っている。
性善説、性悪説のいずれが正しいなんてことはない。

世に「善」だと語られる人は、
自分に悪の顔があることを、より意識して生きているにすぎない。

そう。つまり悪の顔を見せずに生きていくには、
自分が悪であることを認めることこそが、まずその第一歩だ。

世の善人ですらそうなのだ。
ましてや多重債務者でギャンブラーで浪費家で八方美人で言い訳がましい、
そんなあなたが「純潔の善人」などであろうはずがない(笑)

にも関わらず、
多重債務者は、自らを善人であると言い聞かせる。

「あぁ、そうだった。私は悪でした。」
そう認めてしまう勇気さえあれば、
「確かに借金の原因は全て自分にあります(><)悪ですから^^」
「つい、ギャンブルの誘惑に負けました(><)悪ですから^^」
「お金がないのに消費欲が抑えられないんです(><)悪ですから^^」
「頼まれたら断れないんです。嫌われたくないから(><)悪ですから^^」
「家族より外面(そとづら)を優先してしまうんです(><)悪ですから^^」
全ては自分の責任となる。
全てが自分の責任の場合、自分を克服すれば、事は解決する。

しかし、悪であることを認められない場合、
「困っている人を放っておけって言うの?善なのに@Σ@!?」
「借りて借りてってしつこく勧誘するんだもん。断れないよ。善だから@Σ@」
「貸すほうも悪くない?私は善よ@Σ@」
「ギャンブルって、国の政策の問題でもあるよね!?@Σ@」
「景気が悪いんだから、仕方ないよね?@Σ@」
と・・・、言い訳が必要になる@Σ@。


また、だからこそ、
そうした言い訳で誤魔化せない家族に対しては、
借金は口が裂けても言えない。
ギャンブルも言えない。
保証人になったことも言えない。
「家族をがっかりさせたくないから・・・(><)」
なぁんて。

でも実際には少し違う。
「家族をがっかりさせたくない」のではなく、
「家族にがっかりされたくない」んです(笑)

でもね、よ〜く考えてみようね。
「自分だけは『善』でなければならないのか」を。

誰だって『悪』の部分を持ってるんです。
それを認めた人から、少しずつ善に向かうんです。

自分の『悪』をさらけ出す勇気を持てた人から、
少しずつ『善』の考えを持つ機会が与えられるんです。

『悪』を隠そうとすればするほど、
『悪』の考えを持つ機会ばかりが与えられる。
先日の記事のA君のように・・・。
そして
「どうして自分ばっかりこんな目に遭うの!?(><)」って。

『悪』を隠そうとしなければ、そんな目には遭わなかったんです。
全ては『悪』を隠そうとした自分の行動に対する『必然』です。

「言い訳」はあなたを解放してはくれません。
開放されたいのなら、「言い訳をやめる」こと。

どうでしょう?
そろそろ『悪』を認めて、楽に生きませんか?^^


節約ブログで支出をセーブ→人気Blogランキング^^

反面教師で我が身を反省→借金ブログランキング


posted by 鬼 at 11:09 | Comment(15) | 人の生き方について

2006年08月02日

摂理と借金

教祖によるレイプが問題となっている韓国の新興宗教「摂理」。

被害女性はマインドコントロールされていて、
なかなか被害が明るみにならなかったらしい。

このニュースを見た感想は、
統一教会にしろオウムにしろ悪徳商法にしろ、
なんで、こんなバカバカしいものに簡単に騙されるのか、ということ。

でも、この騙されるメカニズムは
意外とシンプルで明快だ。


摂理の教祖が言っていたセリフ、
ここに騙されるメカニズムが存在する。

疲れた人、重荷を負っている人は、私のところに来なさい。

実はこれは聖書に書いてある言葉らしいのだが。

キリスト教が悪いとは言わない。
ただ、キリスト教の教祖キリストは故人だ。
故人に煩悩はない。
しかし摂理の教祖は故人ではない。
煩悩を持った生身の人間だ。

心に神や仏を持つのは悪いとは言わない。
人間は弱い生き物だから、
心の支えは必要な人もいるだろう。

死への恐怖から逃れるために、
天国や極楽という考え方を作り出し、
煩悩を戒めるために、
地獄という概念を生み出した。
それは欲望や恐怖から社会秩序を守るための、
人間の知恵であると言えるだろう。

しかし、神や仏は、
自分の心の中に持つものであって、
生身の人間に求めてはいけない。

生身の人間には必ず煩悩がある。
真に悟りを開いた人など、絶対に存在しない。
死ぬ前に悟りを開くなど、
本当に悟りを追求する人ならば、
絶対にあり得ないと答えるだろう。


話がそれたので元に戻そう^^;



心に疲れや重荷を負っているとき、
人は冷静な判断能力を欠く。

また、そのような心理状態のとき、
人は厳しい言葉ではなく、優しい言葉を求める。

この
「疲れた人、重荷を負っている人は、私のところに来なさい。」
というセリフは、
マインドコントロールを掛けやすい心理状態にある人を、
ロックオンするための言葉だ。

マーケティング的に言えば、
ターゲット層にのみ的確にメッセージを伝える。
つまり、「カモ」を救い上げる「ふるい」の役割を果たす。

そして心に疲れや重荷を負っている人は、
かなりの高確率で、簡単に釣り上げられてしまう。


これは、借金相談に乗っていれば嫌でも気づくことだ。

私に借金の相談をしてくる人は、かなりの確率で、
私の厳しい言葉から逃げようとする。

そして、優しい言葉をかけてくれる相手、
自分の気持ちを「わかる、わかるよ」と聞いてくれる人にすがろうとする。

疲れを癒し、重荷を取り除いてくれる人が神様に見える。



しかし、この世に神はいない。
神はあの世にのみ存在する・・・。
この世に存在する神は、すべて「えせ」だ。

この世に存在する人間は、
すべて煩悩を持った生身の人間であり、
欲望を持った低俗な生き物である。

仮にあなたに好意を持って近づいてくる相手であっても、
そこには煩悩を満たすための「何か」が必要だ。




悪いのは摂理である。それは間違いない。

しかし、仮に教祖が逮捕されようと死刑になろうと、
性的暴行を受けて負った心の傷が、必ずしも癒えるとは限らない。

自分を守るのは自分自身しかいない。

心の疲れや重荷を軽くしてもらおうと他人にすがり、
その結果、心の疲れや重荷は軽くなったか?
かえって重くなったのではないか?
新たな心の疲れや重荷を抱える結果となったのではないか?

心の疲れを癒し、重荷を軽くしたいのなら、
自らが強くなるしかない。
心も体も同じだ。
体の疲れを癒し、重荷を軽く感じるためには、
疲れない体をつくり、より重い荷物を持つ体力をつけるしかない。

人生において、
疲れない、という選択はない。
荷物を持たない、という選択肢もない。
また幸運にも、
破壊されるほどの疲れや重荷はやってこない。
ギリギリの試練が与えられるだけだ。
ギリギリの試練が与えられたとき、
逃げるか、立ち向かうか。
ただそれだけの違いなんだ。
ギリギリの限界を超えたと感じた場合、
そのときは一旦医師の助けを借りればいい。
でも決して逃げてはいけない。
逃げるならば「カモ」となり、
新興宗教や悪徳商法の餌食となる。
そしてまた、多重債務者となる。


最近どうでも良さげな→人気Blogランキング^^

借金ブログなら→借金ブログランキング


posted by 鬼 at 11:42 | Comment(4) | 人の生き方について

2006年04月28日

借金体質と判断

借金体質って、問題先送り体質なんですよね。

今、解決しなきゃいけないことから逃げる。
今、するべきことから逃げる。
今、考えることから逃げる。

かと言って、

やみくもに突進する。
計画も立てずに行動する。
何も考えずに行動する。

これも借金体質。

ご利用は計画的に、だ。
計画を立てずに行動した結果が借金だ。

では、行動は慎重にすればいいのか?
もちろん違う。

今すぐよく考え、すぐ行動する。
これしかないのだよ。

一晩考えて、とか、
しばらく検討して、とか、
それは「考えて」も「検討して」もいない。
「一晩考える」と言って、
一晩中そのことを考えている人などいない。
その「一晩」は何も考えてなどいない。


今すぐ行動できないのは、
おそらく自分の判断力に自身がないのではないか?

もし判断を間違えたらどうしよう。
そんなとこだろう。

判断を間違えたら・・・










やり直せ!

判断を間違えたら、改めて判断をやり直せばいいだけのこと。
全ての判断が正しい人間などいない。

自己責任で判断を繰り返せば、
だんだん判断力には自信がついてくるものだ。
その自信とは、
判断を間違えないという自信ではない。
間違えたらやり直せばいいという自信であり、
ある意味開き直りだ。

判断を保留して先送りにするということは、
「判断をしない」ことを意味するのではなく、
「しない判断をする」ことを意味する。
つまり、常に何も出来ない生き方を選択することになる。

判断を先送りにするということは、
判断する機会を失うということ。

私なら、
判断が正しかろうが間違っていようが、
その場で即、判断する。
だって、行動するか、行動しないか、
どちらが自分にとってプラスかって、
行動した方がプラスになる場合のほうが圧倒的に多いから。

判断に必要な「考える」ことなど、
数秒あれば充分なんだし。
その数秒で判断できないなら、
それは「逃げ」以外の何ものでもない。

そんな「くっだらない生き方」、私はごめんだ。






この先、支払いが出来ないのはわかってる・・。
法的整理しかないのもわかってる・・。
家族にずっと内緒にできないのもわかってる・・。

わかってるけど・・・
もうちょっとじっくり考えて・・・・・・



死ぬまで考えろ(笑)


借金ブログをロムるなら→借金ブログランキング

借金ある人は、
借金ブログより節約ブログ→人気Blogランキング
posted by 鬼 at 20:55 | Comment(3) | 人の生き方について

2006年03月22日

人生のゴールと目的

借金体質と問題先送り体質。
これを克服しようとして克服できない人へ。

なぜ克服できないかを考えてみた。
一つの答えが出た。


借金体質な人は、答えを急ぐ。
借金体質な人は、結果ばかりを気にする。


これが答えだ。
これが借金体質な人の特徴だ。

こういう考えが根底にあるので、
失敗から学ぶことよりも、失敗そのものにこだわる傾向がある。


失敗は成功の基。
これは失敗という「結果」に視点を置くのではなく、
その失敗は、あくまで成功への「過程」であるという考えからくる。

成功の過程で失敗を経験しない人などいない。

発明王エジソンの言葉。

私は何百、そして何千回もの失敗を経験した。
だからもう、私には成功するということしか残されていなかった。
私が成功することができたのは
数ある失敗をすべてやりつくしてしまったからなんだよ・・・。


エジソンが借金体質であったなら、
何百、何千の失敗をする前に、
初めの失敗で「失敗」を結論付けていたでしょう。
そして「私はダメだぁぁぁ」と、
一人で自己嫌悪に陥り、
一人で苦労自慢を繰り返し、
いずれ、同じく自分に自信のない者同士、
寄り添うように弱者が集い、
被害者集団を結成するのだろう。


失礼な話かも知れないが、
多重債務から抜け出せない人たちは、
私から見れば、そういう風に見える。

パチンコをやめられない人、
たばこをやめられない人、
仕事の出来ない人、
みんな一緒。

やめられない・・・。
あぁ自分はダメなヤツだ・・・。
なんて愚かなんだ・・・。

成功への途中過程の失敗に、
いちいち自己否定なんてしていては、
命がいくつあっても足りない。
自己否定ぐせのある人は、
時に自分が傷付くのを恐れるあまり、
その自分の失敗を他人に責任転嫁したりもする。
責任転嫁するだけでなく危害を加える輩もいる。


@過程よりも結果を重視する人
A答えを急ぐ人
B自己嫌悪に陥りやすい人
C自己評価が低い人

これらの人は要注意だ。
明らかに借金体質であると言える。


人生の結果など、
死ぬときまでに出せばいいのだ。

それまでは、あなたは自分の欠点と
一生向き合って生きていかねばならない。
それが人生。

その自分の欠点を今すぐ治そうとなど、
決してしないことだ。
欠点など、治らないから欠点なんだ。
大切なのは、欠点を自覚すること。
そして、治そうと努力すること。
それだけ。

借金体質しかり。
決して今すぐ治そうとしないこと。
死ぬまでに治せばいい。
治らなくて自己嫌悪に陥り、
他人に危害を加えるよりも、
その欠点を自覚して生きていく覚悟をするほうが、
あなたにとっても、あなたの周囲にとっても、
よほど意義のあることだ。


借金体質を自覚する人は、借金をしない。


しかし借金体質改善を急ぐ人は、
それ自体が借金体質なのであって、
借金体質を自覚していないに等しい。


借金体質改善を目指すこと。
そのためにはまず自分をよく知ること。

大切なのは過程であって結果ではない。
人生とは、そもそも過程なのだから。
過程を楽しむことにこそ人生の楽しみがある。


昨日よりは少しでも前進する。
ライバルは他人ではない。昨日の自分である。


借金ブログをロムるなら→借金ブログランキング
posted by 鬼 at 10:31 | Comment(6) | 人の生き方について

2006年03月18日

不幸自慢

「私は不幸です。」

 「頑張れ〜!」


「もう充分頑張ってます。」

 「配慮なく『頑張れ』なんて言ってごめんね。」


「気をつけてよね。」

 「ごめんね。気持ちがわからなくて。」


「こんな不幸な経験のない人には私の気持ちはわからない。」

 「ごめんね。」




・・・・・・



不幸な人は、

「自分に声をかける人の気持ち」をわからない。



本当に苦労をした人は、

「心配して声をかけてくれる人の気持ち」もわかるものだ。



そういう他人の気持ちが理解できなく、

自分の気持ちへの配慮ばかりを求める人は、

自分が「極度に独りよがりなのだ」という事を知らなければならない。




五戒

一 辛いことが多いのは、感謝を知らないから。

二 苦しいことが多いのは、自分に甘えがあるから。

三 悲しいことが多いのは、自分のことしかわからないから。

四 心配ごとが多いのは、今を懸命に生きていないから。

五 行き詰まりが多いのは、自分が裸になれないから。



これが理解できない人は、

いずれ誰からも声すらかけてもらえなくなる。


posted by 鬼 at 11:15 | Comment(5) | 人の生き方について

2006年03月06日

借金体質

今日は少し厳しいよ。
かなり厳しいこと書くよ。

厳しいことを聞きたくない人、
今は厳しいことを聞く精神状態にない人、
はい、回れ右。(笑)

借金ブログランキングでもご覧ください。








では、本題。
今日は「借金体質」について。

そもそも借金体質とは何ぞや?

狭い意味では、
お金が不足したとき、安直に借金に走ってしまう
という事になろうか。

でも、私が考える借金体質とは、
もう少し広い意味だ。

お金が不足したとき、安直に借金に走ってしまう
という部分については、
単にお金を借りなければいいだけの話。
では、お金を借りなければ借金体質は改善したと言えるのか。

私が考える借金体質とは、
問題を先送りにすること。
問題から逃げること。

この辺りにあるのではないか、と考えている。


今借金をすれば後でもっと苦しくなる。

こんなこと、
誰でもわかっていると思う。
頭ではね。

ただ、それに歯止めをかけることが出来ない。

それは何故?


問題を先送りにしているからだろう。

後のことを考えるより、
とにかく今。
今を生きる。

そう言ってしまえば、何だかカッコいい♪

そう。
そうやって意味不明な言い訳を自ら用意して、
単に問題を先送りにしているにすぎない。




自らの借金ではなく、
男や女に貢ぐために借金をする人。


今お金を工面してあげないと、
男に捨てられる。

だから、男の気を引くために借金をする。

頭ではわかっている。
男は自分を求めているのではない。
単に金が欲しい。物が欲しい。それだけ。
他の女に貢ぐために、自分から金を吸い上げる。それだけ。

でも、今お金を用意してあげれば、
自分がまだお金を用意してあげられる間だけは、
その男を掴んでいられる。

そう。
今だけ。

相手の要求は、あなたのお金がなくなるまで続く。
そしてなくなった時点で捨てられる。

今捨てられたなら、男を失うだけ。
将来捨てられるときは、全てを失う。

そう。それもわかっている。
頭ではね。


自分の借金ですらない。他人の借金。
自分は単に連帯保証人になっただけ。
その契約で、自分は何も得ていない。

でも、保証人を断るには、
頼んできた相手と気まずい思いをしなきゃならない。

そんな思いをするくらいなら、
いっそ応じてしまえば楽だ。

嫌われたくないし、
いい顔をしたい。
今後も良好な人間関係を継続したい。


連帯保証人になどなって、
生涯良好な人間関係など維持できるはずがない。

そもそも「間違いなく迷惑をかけない」ような人は、
保証人など必要にはならない。
就職や部屋を借りる保証人とは違うのである。
あなたに保証人を頼むくらいなら、
お金を借りるのを断念すればいいだけ。
それをしないのは、
あなたとの人間関係よりもお金を優先していることの
動かぬ証拠だ。
つまり相手は、
あなたとの義理を、既に現金化しようと企んでいる段階だ。
マルチの勧誘をしてきた友人と
何ら変わらない。
マルチをやる人間は、
身内だって平気で誘うんだから。

そんなことも、
私などに言われるまでもなく、
本人も実はよくわかっている。
主債務者の支払いが滞った段階で、
初めて「騙された」と騒ぐ人がいるが、
そんなのウソだ。
本気で言っているなら、
成年後見制度を活用した方がいい。
そのくらい、「わかっているはず」だ。

保証人を頼んできた人に、
嫌な顔をされるのが嫌だったにすぎない。
つまり、知人の嫌な顔を見るぐらいなら、と
契約に了承したにすぎない。

つまり、「問題から逃げた」だけ。


世の中、
問題を直視せず、
そこから逃げ出そうとする人には、
決して良い結果をもたらさない。

世間で「よい結果」を出している人は、
ほぼ例外なく
問題処理能力に長けている。

問題を処理するだけの情報を得、
それを行動に移す勇気も持っている。
そもそも「勇気」などと言うほど、大そうなものでもない。


借金をしている人には、
それらの能力が欠けているように思う。

確かに借金問題に限って言えば、
「借りる」という行動をしない限り、
同じ道を繰り返すことはないかも知れない。

しかし、
「借金体質」というのは、
単に借金の問題だけでは済まない部分がある。




問題を先送りにし、
問題から逃げる人生に、
ゴールはない。

いや、それどころかスタートすらないかも知れない。


問題に立ち向かうこと=人生

ではないのか?


人との間の問題について、
話し合い、
必要に応じてぶつかり合い、
その相手との距離や関係を
お互いの意思で確認し合い、決定するのが
人間関係ではないのか?



問題先送り。問題回避。


それは、人生を先送りし、人生を回避する。
人間関係を先送りし、
人間関係を回避していることになるのではないか。


そんな気がする。


クリックはこちらに→→借金ブログランキング
posted by 鬼 at 15:10 | Comment(12) | 人の生き方について

2006年02月16日

問題解決の秘策

結果としての物事には、
必ず原因がある。

そしてその原因には
外的要因と内的要因がある。


→興味ない人のお帰りはこちら→人気Blogランキング







☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 09:54 | Comment(4) | 人の生き方について

2006年02月15日

いただきます

昨日の記事にあったコメントについて。

学校で「いただきます」についても論議があるらしい。


興味ない人のお帰りはこちら→人気Blogランキング







☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 09:12 | Comment(18) | 人の生き方について

2006年02月14日

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。

昨日、小学3年生の息子に
「明日はチョコ一杯もらえそうか?」
と聞いたところ・・・


興味ない人のお帰りはこちら→人気Blogランキング







鬼の息子(子鬼?)はチョコをいくつもらうのか?(続きを読む)
posted by 鬼 at 10:14 | Comment(9) | 人の生き方について

2006年02月08日

紀子さまご懐妊

さぁ、第3子は男か?女か?


はい、今日も借金の話題はありません(笑)
借金ネタはこちらで→人気Blogランキング







☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 10:51 | Comment(12) | 人の生き方について

2006年01月21日

米国産牛肉、再び輸入禁止のニュースにて思うこと

米国産牛肉の輸入が再開された途端の事件。

ちょっと脱線するよ^^
人気Blogランキング








☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 10:50 | Comment(10) | 人の生き方について

2006年01月17日

ライブドア強制捜査

とうとう、こうなってしまいましたか^^;

以前から、ホリエモンは借金体質である、
と私は言ってきた。

これでわかったかな?

なんでか?
じゃ、↓覗いてみる?

人気Blogランキング
ここにもライブドアがたくさん^^;










☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 10:13 | Comment(18) | 人の生き方について

2006年01月08日

犯罪者の精神鑑定について

12/30の記事、
犯罪者の精神鑑定

反響が大きく、
コメントが90を超えております^^;

みなさんのご意見を
もっともっと募集したいと思います。
是非、ご参加くださいm(__)m

そして話題を広めるのにご協力を→人気Blogランキング







☆興味のある人はランキングにご協力を☆
posted by 鬼 at 17:26 | Comment(27) | 人の生き方について

2006年01月02日

一年の計は元旦にあり

皆さん、あけましておめでとうございます♪

今年の計画は立てましたか?

もう立てた方はこちら→人気Blogランキング

まだの方は↓






☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 09:49 | Comment(22) | 人の生き方について

2005年12月30日

犯罪者の精神鑑定

女子児童を殺した塾講師、
精神鑑定をするそうだ。


今日はちょっと本気で書くよ。
みなさんも一緒に考えて、
よかったらご意見をお願いします。
弁護士などの司法関係者も
よかったらコメント下さい。


そして話題を広めるのにご協力を→人気Blogランキング







☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 08:35 | Comment(96) | 人の生き方について

2005年12月01日

人の願望は実現する

人の能力ってのは不思議なもんだ。

心底願えば実現する。
実現しないのは、
心の底では失敗を望んでいたからだ。

興味のある方は→人気Blogランキング








☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 10:05 | Comment(15) | 人の生き方について

2005年11月26日

姉歯建築士報道について

毎日流れる姉歯建築士の耐震強度偽造問題。
鬼の考えを・・・。

気になる?
今日は興味ない?^^;

興味のある方は→人気Blogランキング






☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 11:13 | Comment(13) | 人の生き方について

2005年11月22日

サラ金客以外の不思議な人

いや、ホント
世の中、色んな人がいるよ^^;

気になる?
読みたい?

興味のある方は→人気Blogランキング






☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 21:14 | Comment(6) | 人の生き方について

2005年11月20日

相反する格言!?

格言って良いこと言ってるんだけど、
中には相反するものが存在する。

気になる?
読みたい?

興味のある方は→人気Blogランキング






☆続きは、興味のある人だけ覗いてね☆
posted by 鬼 at 12:40 | Comment(2) | 人の生き方について

2005年11月08日

前を向いて歩こうよ!

借金をしている人、

病気にかかっている人、

身内に不幸があった人、

悩みを抱えている人、


何の問題もなく人生を順風満帆に送っている人など
そうそういないでしょう。

人は皆、何かしらの問題を抱えて生きています。
むしろ、その問題こそが人生だと言えるのかも知れません。

生きているからこそ、問題が起きるのであり、
問題の起きない人生ほどつまらないものはないかも知れません。

それらの問題を疎ましく思ったり、
地団太を踏んだりしても、
思うように解決することは少ないでしょう。

それなら、現状を受け入れ、
その中で最善を尽くす事こそが、
有意義な人生を送る、唯一の方法ではないでしょうか。

そんな意味で、
前を向いて歩こうよ!
↑ここには、人生において足踏みしそうになった時に、
勇気を与えてくれる言葉がたくさんあります。

こんな素敵なブログ、
もっと人の目に触れさせない手はありません。
是非、『ぽちっと』して来て下さい^^

で、ついでにウチにも
『ぽちっと』して下さい♪ → 人気Blogランキング^^
何だか、不気味なおっさんに付け狙われています↑^^;
お助け下さいε=ε=ヽ(;´д`)ノ
posted by 鬼 at 09:29 | Comment(19) | 人の生き方について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。